秋田犬談議

日曜日病院へ行き、帰り道にはお約束の寄り道をしてきた
まずは出発の時の様子を・・・

     るん、るん、るん!いざ出発~!
e0198839_2129820.jpg


お出かけが嬉しくてたまらず、身を乗り出すりき
ところが・・・
          「ん??この感覚は・・・」 
e0198839_21363711.jpg
 

     「ぼくちん、酔ったみたい~~」
e0198839_21433851.jpg


この後しょんぼりと座り込み滂沱のよだれを・・・
しかしここは家を出て一つ目の信号を越えてすぐのところ(笑)
今りきは車酔い克服が当分の課題となっている
けれど今のところ車に乗り込む事を嫌がりはしないので、せいぜい出かけて早く慣れてくれれば、と思っている

帰りの寄り道は「梅小路公園」
ここは、蒸気機関車館やレストランも敷地内にあるとても広い公園
ぐるりと一周するだけでもけっこういいお散歩になる
しかしここは野良猫のパラダイスのよう・・・
あちらの茂み、こちらの茂みに野良猫がいっぱいいる
 
          「あっ、あれは・・・!」
e0198839_2233931.jpg
 
          「りき見てごらん。にゃんこさんがいるよ」
e0198839_2253944.jpg
 
          「えっ!どこどこ?」
e0198839_2281265.jpg
 
          「あ、いた!にゃんこさ~ん、遊ぼっ!」
e0198839_229545.jpg
 
          「あれぇ~?フーッて怒ってるよ」
e0198839_22112031.jpg


休憩しながらゆっくり一周していると、うしろから「すみませ~ん」と追っかけてくる人がいる
「秋田犬ですよね?」
遠くから私達を見つけて走って追いかけてこられたそうだ
母娘とおぼしきそのお二人は、自身も白秋田犬の7カ月の女の子と暮らしておられるとのこと
今のその子はなんと4代目という大の秋田犬好きで、秋田犬を見かけようものなら声をかけずにいられない
「ああ、解ります~。私達もそうなんですよ」
見かける事が少ない犬種という事もあるだろうが、秋田犬好きには熱烈な人が多い
車を止めて降りてこられる人もいるし、向かいの通りからわざわざ渡ってきてまで見にこられる事もしばしば
こうして追いかけてこられる事も今までにたくさんあった(私もしてるけど)
30分ほども立ち話をしてパピーちゃんの写真を見せていただき、りきとチャチャをぞんぶんにナデナデして写真を撮って帰って行かれた
食事の事。お手入れの事。お互いの先代犬の事。話は尽きない

今までにも秋田犬ファンの方と秋田犬についての談議をどれほどしてきただろう

ある人はアメリカに置いてきた子を想い、虎毛のリンを見て駆け寄られた
仕事の都合でアメリカに住んでいたが予定より早くの帰国となり、悩んだ末に友人に託してこられたそうだ
広い農場で毎日自由に走り回るその子の生き生きとした暮らしを、そのままにしておいてあげたかったそうだ
「でも会いたくて会いたくて、こうして虎毛の秋田犬を見かけると近づかずにはいられません」

ある初老のご夫婦はリキの前に膝をついて座られ、「先日亡くしたうちの子にそっくり」と涙を流されていた
今はその気持ちがすごくよく解る

ある男性は一人暮らしになって(理由は解らないが)狭い住居でペットも禁止の所に引越され、友達に愛犬を譲られた
友達はとても可愛がってくれているが、愛犬は何年経っても自分が会いに行くと一緒に帰りたがって泣くという
今は友達がお前の主人なんだから、と、心を鬼にして会いに行くのをやめたけれど、こうして秋田犬を見かけると胸が痛くなる、と長い間じっとうちの子を見つめておられた

みなさんが別れ際に必ずおっしゃる言葉は「秋田犬は本当にいい犬ですね」

ヘレン・ケラーやスティービー・ワンダーが秋田犬をこよなく愛する人だというのは知られた話だけど、彼らは目が不自由な人たち
ヘレン・ケラーは耳も聞こえない
アイコンタクトも出来ないし、言葉をかけることも出来ない
けれど彼女は「私はかつてこれほどまでに献身的な犬を知らない」という言葉を残しているそうだ
それは秋田犬が人の心を鋭敏に読み取り、心と心で繋がる事ができる不思議な力を持った犬だという事ではないだろうか・・・

秋田犬について語り出すとどうにも止まらない私
同様の人達が思いがけずたくさんいらっしゃって、声をかけられる度に時間を忘れて話し込む
今度見知らぬ人と「秋田犬談議」をするのはいつの事になるのだろう
それを密かに楽しみにしている

  
[PR]
トラックバックURL : https://charinmaru.exblog.jp/tb/15987365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by サコリン at 2011-10-18 11:43 x
それぞれの犬種に熱烈なファンがいらっしゃると思うけど、
私も秋田犬を飼って、秋田犬の魅力に取りつかれた一人です。
ちゃりん丸さんが仰るように、飼い主の小さな気持ちの襞をも
敏感に感じ取り、これ以上我慢強く、優しく、賢い犬はいないと思ってる。
もうね~人間なんて比べものにならないほど、崇高で健気で
神様のように思ってしまうわ。
そんな秋田犬を飼えることを心から嬉しく思い、そして同じ思いの人がこんなにいらっしゃる事に
またまた感動してます。
先日、以前話した飼育放棄の秋田犬をとうとう探し出しました。
とてもお利口でめちゃくちゃ可愛かった。
横にはぞんざいに置かれた汚いお水と、雨でふやけたフードが
置いていました。
犬は本当に飼い主によって、犬生が変わるよね。
腹が立って仕方ないです。
ありゃま、話がそれちゃったね、ごめんね。
また、会えたらとことん秋田犬談義しようね♪
Commented by charinmaru at 2011-10-18 18:06
サコリンさん★
他人が聞いたら笑うかもしれないけど、秋田犬ってなんか神がかった賢さがあるよね
人間に指示されて従うというよりはちゃんと自分で空気を読んで、今自分が何を求められているのか、どう振る舞うべきなのかが解っている
本当に誇りを持って世界に紹介したい日本犬やね
私自身もゴルの優しさ、賢さも知っているし、他犬種のオーナーさんももちろんそうだろうけど、なんて言ったらいいんだろう・・・
やっぱり日本人気質というか、日本人の価値観や考え方とかに秋田犬はストンとはまるものがあるね
シニアになってくるとまさに良き時代の日本のオヤジって感があるもんね(爆)

以前にサコリンさんからお聞きして、飼育放棄された子の事すごく気がかりでした
せめてその家のご主人がその子の事を可愛いと思ってらっしゃることを祈りたいわ
それまで無いんなら、なんで飼ったの?って思うよね
怒りがふつふつと沸いてくるよー!
あーなんとかできないものか・・・
また様子を教えてね
Commented by 白太郎母さん at 2011-10-19 22:46 x
チャチャちゃん りきちゃんの笑顔 最高です
私も秋田犬を見かけると 声をかけちゃう一人です
そうそうついね つい話しかけてしまいますね

一度だけ 秋田犬ですねって声かけて 無視された事あるけど
「なんやねん あのおっさん!」と思った事あるけどね~~
気にしない 気にしない

りきくんの ふらついてる顔もかわいいけど
車酔い治るといいね

秋田犬最高♪  あっ11月14日水戸黄門 ハク出ま~す
Commented by charinmaru at 2011-10-20 10:20
白太郎母さ~ん★
ほんまー!?水戸黄門にハクちゃんが~?きゃー!!
ハクちゃん時代劇似合いそう
たぶん犬の役やと思うけど(爆)黄門様の帽子かぶって印籠くわえたハクちゃんが頭に浮かんだよ
楽しみに待ってるね~!

私も秋田犬を見かけたら話しかけずにはいられなく、今のところ無視されることなく無事話しこんでいるけど、他の大型犬にもついついかけよってしまって・・・
ちょっとそこまで買い物に出たつもりが「どこまで行っててん?」って事がたびたび(笑)
そうして見てると飼い主さんと犬ってよく似てるなあと思います
どっちがどっちに似てるのか解らんけど・・・
そう思って観察するのもけっこうおもしろくってやめられません

Commented by monaka at 2011-10-22 16:09 x
しばらくぶりに見るこりきくん、パピーの顔から 少年(青年?)に
変わっていて びっくり!もう こりきじゃなくて りきくんやね。

ワタシも秋田犬は 人の気持ちに敏感に反応すると思う。ギンと暮らしてつくづく感じました、ワタシのちょっとした気持ちの揺れがわかるみたいで そんな時は傍へさっときてオテをして気持ちを静めようとしてくれるみたい。

タジン鍋 欲しいけど置くとこがないので、迷いゆうの・・・ 
Commented by charinmaru at 2011-10-22 22:13
monakaさ~ん★
お帰り~!昨日あたりそろそろ帰国したかなってブログのぞきに行ってたよ
お土産話が楽しみー!

りきは今、大人の階段登る~♪ という感じです
声変わり?もしたようで、ひと月前よりもドスのきいた声になり、満6カ月で24キロを超えて、かつてのリンにせまる大きさに成長しました
たった3カ月前にはベビーカーにすっぽり収まっていたというのにね
りきも秋田犬独特の敏感さを垣間見せてくれるようになっています
行く末がとっても楽しみ!
by charinmaru | 2011-10-17 23:27 | Trackback | Comments(6)

秋田犬&ゴールデンレトリバーと暮らす四季折々


by charinmaru