魔の季節到来

ここ数日25度越えの夏日が続いています
一昨日などはクーラー無しでは車に乗ってられないほど

こうなるとてきめんに食欲が落ちる秋田チームです
朝から日差しも強く、お散歩もダラダラ歩きになっています

          「それでも一応ここには寄っとこう」
e0198839_126221.jpg

          「りきちゃん、そろそろ飽きる頃ちゃうん?」「ぜんぜん」
e0198839_1272981.jpg


りんと子供たちが待ちぼうけさせられるので、昨日、今日はコースを変えて証明写真ブースは避けています
いつまで続くことやら・・・

お待ちどうさま
e0198839_12124260.jpg

          「今日も暑くなりそうだから、さっさとトイレ済ませて帰るよ!」
e0198839_1214525.jpg

          「は~い!ママ」
e0198839_12144527.jpg

          「は~い!」
e0198839_12152014.jpg

          「ぼく、もう歩かへん!」
e0198839_12173418.jpg


早くも座り込みを始めたりきです
草の感触がひんやりと気持ちいいのでしょうか
こうしてみんながトイレを済ませるのを待ってたりします

          「それでは帰りましょうか?」「うん!」
e0198839_12213540.jpg

          「りきちゃん、かなり遅れてるよ」
e0198839_1223199.jpg

          「頑張れ~!」
e0198839_12235358.jpg


あまりにスローな動きに、時々「シニアさん?」と聞かれるりき(笑)
年齢を言うと前にまわって顔を見て、「あ、ほんまや、まだ若いわぁ」なんて
ほんとにシニアさんになったらどうなるんだろう・・?
[PR]
# by charinmaru | 2015-04-29 12:30

白太郎くんを偲んで

4月24日、大好きな白太郎くんが虹の橋を渡っていきました
ハクちゃんに会ったのは2011年1月に京都御所で、2012年1月に伏見稲荷大社で。
たった二度だけでしたが、ブログはもちろんTVや映画館で何度もハクちゃんを見ているせいか、何度も会ったことがあるような親近感を持っていました

e0198839_14452613.jpg


まだパピーだったりんと一緒に稲荷山に登り、山頂の茶屋で白パパさん、母さんと一緒にうどんを食べました
その時母さんが、いつまでハクと一緒にいられるかなって思うと涙が出ることがある、っておっしゃってました
今どれほどお辛い思いをされてるだろうと思うと涙が出てきます
パピーだったりんにとても優しく接してくれたハクちゃん
もう一度会いたいよ・・・

e0198839_14461756.jpg


これからしばらくのち、ハクちゃんは肛門腺腫ができて痛いであろう治療をすごく頑張りました
このころはまだこんなにキレイなオチリのハクちゃん
パパさんにぴったり寄り添って歩く姿に、「りん。りんもあんな風にお母さんの横を歩くんやで」って言い聞かせたものでした

e0198839_14464951.jpg


ふもとの茶屋でコーヒーを飲んだ時も、お店の人やお客さんの人気者だったハクちゃん
ただ座ってるだけでもすごい存在感だったっけ

e0198839_14471363.jpg


大好きだったよ、ハクちゃん
ずっと忘れません
ハクちゃん、ありがとう
[PR]
# by charinmaru | 2015-04-27 14:47

りき、4歳になりました

おめでとう!ぼくちん
産まれてきてくれて、うちの子になってくれて、ほんとにありがとう

e0198839_14283420.jpg


4月20日が誕生日でしたが、母の退院があって仕事も〆日で一日中バタバタし、朝早くから夕方遅くまでの長いお留守番になってしまいました

せめてご馳走を、と夕食は和牛の鉄板焼き&チーズケーキ(いつも変わり映えしませんが)
キレイに完食して満足の寝顔に、ほのぼのと幸せを感じます

e0198839_1441183.jpg


二歳くらいまでは食欲にムラがあったり、時々お腹をこわしたりもしましたが、それ以降ほんとに丈夫になりました
毎日しっかり食べ、一日二回コロコロのうんちをして、41キロのがっしりした体つきになりました

性格は相も変らずおっとりのんびり
現在はスーパーの外に設置されている証明写真を撮る小屋に興味津々
カーテンをくぐって中に入り、いっぱい並んだボタンや正面の画面をじっと見ています
ひとしきり見ると満足して出てくるのですが、今日で一週間くらい続いています

その間じっとお座りして待ってる妻子の事も考えてよ、ぼくちん

今週は久しぶりの晴れウィークになりそうで、お散歩の後はみんな気持ち良さそうに外でクールダウンしています
門の前に陣取りセキュリティ業務をしている天君が、時折「うおん!」と吠えると、りん、風花、安寿が一斉に駆けつけるのですが、りきはワンテンポ遅れるので、天君が何に対して吠えたのか確認ができません
なので、みんなが引き上げたあとでとりあえず「うおん」と一声発声して、みんなに「???」という顔をされています

玄関を出るとき一番先頭で待っているにも関わらず、なぜか一番最後に出るりき
両脇を素早いりんや子供たちがすり抜けると両方から体を押され、あたふたと足踏みして出遅れ、結局最後にトコトコと出ていきます

そんなどんくさいりきですが、この子の顔を見てるだけで、寒い冬の夜に暖かい湯船に体を沈めた時のような気持ちになります

このままずっと、今のままでいてほしいと心から願っています

e0198839_15141626.jpg

[PR]
# by charinmaru | 2015-04-22 15:14

五年

先代リキこと力皇丸を見送って、今日で丸五年になりました
e0198839_17441037.jpg


ふわふわの耳を触った時の感触も、匂いも、声も、はっきりと思いだせる自分に驚いています

ちょうど今日のような暖かくうららかな、青空が綺麗な日曜日の午後でした
自分の心模様とあまりに違いすぎるのどかな春の日に、悲しみがいっそう深くなったものでした

生前からとても神秘的なところのある子で、何かアクションを起こさなくても心で思っただけでそれが通じて、アイコンタクトをとってくれたり行動してくれたりしました
だからこの五年間もきっとリキとは心で繋がっているはずと信じて、日々いろんな事を心で話しかけてきました

今年のお正月、チャチャが立ち上がれなくなった時に、私には嫌な予感がありました
その時私はリキにふたつのお願いをしました
この二年余りチャチャに寂しい思いをさせてしまったかもしれないと思うから、しっかり向き合う濃密な時間が欲しいと・・・
そして、もうこれ以上は苦しむだけだと思った時にはリキが迎えにきてあげて、と・・・

律儀なリキは母のわがままなお願いをちゃんと聞き届けてくれたのです

ありがとう、リキちゃん
これからも母はなんだかんだと愚痴を言ったりお願いしたりするかもしれません
やれやれと思ってるだろうけど、これからもず~っと心の支えでいてください

そして、りきこと力桜丸
これを書いている私の横で、体をぴったりくっつけて座ってくれています
e0198839_18335939.jpg

e0198839_1834162.jpg

ありがとう、りきちゃん

さて、最近の天星丸ですが・・・

                    りきパパにくっつき虫
e0198839_18363945.jpg

                    りんママにくっつき虫
e0198839_18372917.jpg


毎日相手を変えて誰かにくっつき虫してる、相変わらずの甘えん坊です
[PR]
# by charinmaru | 2015-04-18 18:25

四十九日

e0198839_15504127.jpg


明日チャチャの四十九日を迎えます

チャーちゃん、お空へ行ってしまうんやね

あの日・・霊園で荼毘に伏した日、煙突から立ち昇る真っ白な煙が上空でしばらく淀んでいました
リキとリンを見送った時は、まっしぐらに空へ駆け昇って行ったものでしたが・・・
H父がポツリとつぶやきました
「チャチャがまだ行きとうないって言うとる」
私もつぶやきました
「リキが、早う来いやあ!って足踏みしてるやろな。リンはチャチャの周りを走り回ってるわ、きっと」

やがてやっと決心がついたように、煙は空へとゆっくり昇っていきました

四十九日まで亡くなった者の魂は、残していく家族を案じて家とお空の間にとどまっているといいます
明日には、あの日リキとリンに案内してもらった虹の橋の住民になるべく、チャチャは旅立っていくのでしょう

チャーちゃん、明日はお母さん泣かないように頑張るね
チャーちゃんが心配して引き返して来ないようにね

e0198839_16155014.jpg


連日の不安定なお天気でカミナリの音が聞こえたりすると、「早く家に帰ってあげないと」とそわそわしてしまいます
もうカミナリを怖がる子は家にはいないのに

お世話になった病院の前を通る時、ついウィンカーに指がかかってしまいます
病院へ入っても「お母さん、お帰り~!」と嬉しそうに迎えてくれる子はもういないのに

わざと回り道をして病院の前を通らないようにしてましたが、風花の定期健診があります
あかんたれの私は三月末の風花の健診にりきにも付いてきてもらいました
診察室に入ると奥のドアの向こうに検査室があります
チャチャはいつも数人のスタッフがおられるその検査室に、大きなサークルを置いてもらってお預かりいただいてました
ドアの窓ガラスごしに目が合うと、とびきりの笑顔にいつもほっとしたものでした

当然もうそこにはあの笑顔があるはずもなく、そんな事ちゃんと解かってはいるのですが、自分の目でしっかり確かめて、そうしないと現実をしっかり受け入れられそうもなくて、自分でも情けないような思いがして・・・

だけど、チャチャを見送った日以来泣き暮らしているわけではありません
以前のような生活のリズムを取り戻し、家事も仕事も普段通り行い、両親の元へも通い、秋田組のしぐさやバラエティ番組を見て笑ったりもするし、普通に毎日を送っています

ただ、心に空いた小さな穴に、時々、何かの拍子に、笑顔や元気が落っこちてしまう事があるのです

いつの日かお空の上で待っててくれる可愛い子たちに逢える日まで、全員集合する日まで、この小さな心の穴とはお付き合いしていく事になるのでしょう

雨の日のお散歩は気乗りしないチャチャだったから、明日は晴れたらいいのにな
そう言う私にH父は「泳いでいくんちゃうかあ」「ま、嫌やったら行かんでもゆっくり家におったらええがな」なんて・・・

リキとリンがまた迎えにくるだろうから、チャーちゃん遅れないように付いて行ってね
気を付けていってらっしゃい

                        「いってきます」

e0198839_2203181.jpg

[PR]
# by charinmaru | 2015-04-14 16:46

秋田犬&ゴールデンレトリバーと暮らす四季折々


by charinmaru