<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

6月23日、子供たちは揃って元気いっぱい三歳の誕生日を迎えました
不安定なお天気のため、家の中で窓を開け放ち焼肉パーティーをしたのですが、予想通り煙蔓延で写真は無し

今朝、「三歳の顔」をパチリ

安寿 ふうとテンより一回り小さな体ですが、活発さは一番!
   三歳と言えばもちろんもう大人ですが、全身に仔犬の雰囲気有り

e0198839_18314363.jpg


風花 ホヒト発症から9か月経った今、もう投薬は必要ないかも?と思うほど元気です
   この病気のピークと言われる二歳時を過ぎ、ひょっとしたら克服出来たのかもしれません
   大柄で物静かな「くまこ」。このまま何事もなく過ごせますように

e0198839_22383282.jpg


天星丸 いかにも末っ子という憎めないキャラの天君
    何かを訴えたい時は幼児期の時のまま「ピーピー」言ってる甘えっ子です

e0198839_22452282.jpg


高知のmonakaさん家の「ぼたん」も家族の皆様に愛されすくすく成長して、共にお誕生日が迎えられ嬉しいかぎりです
これからも健康で元気で、みんな仲良く過ごしていってほしいです

               2012年7月8日。こんなに小さかったんですね
e0198839_2247445.jpg

               左から、ぼたん、安寿、天星丸、風花

こちらは相変わらずマイペースを貫いているりきパパ
体は断トツに大きいのですが、実はシッポが一番短いぼくちん
他の子は全員二重巻きなのにぼくちんは一重巻きしか出来ません(笑)
e0198839_22563279.jpg


珍しくおハゲが出来たりんママ
この時期のムレムレから出来るおハゲの対処にはもうすっかり慣れました
患部よりひと回り大きくバリカンで毛を刈り、殺菌作用のあるシャンプーで患部をそっと洗って十分に乾かす手当てを三日ほど続けたら、赤味がすっかり引いて産毛が生えてきました
e0198839_2333025.jpg


そしてご心配をおかけした父のその後をご報告したいと思います

緩和ケア病院を三軒見学なり面談なりした結果、一番こじんまりした病院に決めました
両親も私も長く住んだ懐かしい伏見稲荷
稲荷山の山裾にある病院へ、今月8日に父は転院しました
緑に囲まれ窓からは東福寺の屋根や京都タワーも見える静かな環境と、先生方、看護師さん達の暖かな雰囲気に、私も妹も「ここだ!」と即決しました
父もとても居心地がいいそうで、外泊は自由に出来るのですが、自宅に帰りたいと言いません
母の負担などを考えて言い出せないのかと思いましたが、先日自宅に帰った時にとても不安な思いをしたとの事でした
ゆったりした個室で心身ともに寛げるし、気分が悪くなればすぐに先生と看護師さんが来てくれると思うと、安心して夜もよく眠れるのだとか

父が着替えたものを病院のコインランドリーで洗濯、乾燥している間に、周囲を散策したりラウンジのソファーでうとうと眠ったり、家族も居心地の良さについつい長居しています
このまま穏やかな時間がずっと続いていってくれたならと願いつつ、仕事の行き帰りや合間にせっせと病院通いをしている毎日です

先日病院の裏手を散策した時に撮りました
e0198839_1828939.jpg

e0198839_18283251.jpg

e0198839_1828461.jpg


父を誤嚥性肺炎で救急搬送した日は、ちょうどチャチャの四十九日でした
チャーちゃんは、もうすぐおじいちゃんが具合悪くなって、お母さんがバタバタする日が来るって解かっていたのかな?
だからあんなに慌ててお空へ行ってしまったのかな?
そんな事を考えたりしながら、稲荷山の山裾を散策しています




   
[PR]
by charinmaru | 2015-06-24 18:34 | Trackback | Comments(12)

父への告知とその後

5月31日、日曜日。父が外泊で束の間の帰宅をしました
車椅子で介護タクシーに乗って、という久しぶりの座位だったため、帰宅直後は貧血状態になってしまい、ベッドで静かに休ませてあげたかったので今後の事について話したのは夜も更けてからでした

「肺炎もすっかり良くなったし、これからの事なんやけど・・」と切り出しました
父が疑問を持っていた,胃婁からの流動食注入がどうして出来ないのか
なぜ胃が機能を弱らせたのか
それは胃に腫瘍が出来ているためなのだと打ち明けました

「ガンなんやな」と父

高齢のため胃の切除はかえって寿命を短くする恐れがあり、抗がん剤も体力的に無理だと思われたこと、判明したのが一年ほど前だったこと、高齢なため進行もゆるやかでこれと言った症状も出ていなかったから、生存期間が延びることを期待して今まで隠していたこと、すべて話しました

父は「これも運命なんやからしかたがないこと」と。
人間はいつかは必ず死ぬのだから、いつ、どういう理由で死ぬのかは天が決めることと言いました
そして、悩み迷い父のことで話し合いを重ねてきた私たちに「ありがとう」と、微笑んでくれました

私はこの時ほど父を誇りに思ったことはありません

在宅治療の難しさを理解し、今までの療養生活以上に母が大変な思いをしなければならない事を理解した父は、病院での療養を選びました
本当は自宅で過ごしたいのが痛いほど解かるので、緩和病院と家と交互に過ごせるように私たち頑張るからね!と言った言葉に、にっこり笑ってくれた父

何が何でも父の望みを叶えるんだ!と強く心に誓いました

月曜日も火曜日も、病室でとても穏やかな表情で迎えてくれる父に安堵しつつ、今日は1件目の緩和ケア病院の面談に行ってきました

e0198839_19523430.jpg

6月1日に移転オープンしたばかりの宇治市にある総合病院
ロビーはまるでホテルのようで、整然とした診察室と綺麗なトイレにもびっくり

そして最上階の緩和ケア病棟
e0198839_19582858.jpg

e0198839_19585396.jpg

e0198839_1959595.jpg

この部屋は相部屋なのですが、と言っても広々とした部屋にベッドはふたつだけ
静かで、大きな窓から遠くまで景色が見渡せて、私なら半日ぼ~っと眺めていられそうと思いました
寝た状態で入浴できるお風呂やシャンプー台、家族のためのお風呂、ダイニングルーム
和室が好きな人のために畳敷きの病室もありました

ここ数年で京都にも緩和ケア病院、病棟が次々と造られています
どの施設も家族が24時間面会出来て宿泊も自由だし、施設によっては飲酒、喫煙も体調を見ながらですが許されていたり、ペットとの面会も可能です
いずれも人生の終末の時間を、その人らしく穏やかに過ごせるような配慮がなされていて、祖母が亡くなった20年前にもこういう病院があったならとつくづく思いました

病院ですから滞在にも日々のケアにも保険適用がなされますし、特別室、有料室が半数で、それ以外のあと半数は室料も無料でした

今日訪れた一件目の病院では、月のうちの一週間から10日ほどを病院で過ごし、残りの日々を自宅で過ごすという療養の仕方を提案されました
自宅での医療サポートも24時間体制で病院からのフォローがあるというもの
現在痛みがあったり衰弱が激しい患者さんが優先になってしまうため、完全な入院だとまだ父のように切羽詰った状態でない患者は後回しにされてしまいます
でも提案の方法だと二週間ほど準備期間を待つと対応可能になるとの事でした

自宅で過ごしたいという父の願いも叶えられるし、病院に滞在する期間は母も休息が取れます
欲を言えば半々くらいの日数が理想なのですが・・・
まずは受け入れ受諾を得てから交渉していこうと思い、申し込みをしてきました

明後日、二件目の病院の面談日です

父が早く穏やかな療養生活が送れるよう、しっかりお話しをしてきたいと思います


帰宅して、その姿を見るだけで疲れが吹っ飛ぶ秋田チーム

さっそく門番に付く天君です
e0198839_023544.jpg

とりあえず最初は天君にお付き合いする面々
e0198839_0241136.jpg

しばらくすると門番は天君に任せて、続々と引き上げてきます
e0198839_0244341.jpg

いち早く引き上げてくるのがこのお方です
               「家の中で寝てるのがいちばんやな ♪ 天!励めよ~!」
e0198839_0284770.jpg

               「安寿もパパと一緒におうちでねんねする~」
e0198839_0311492.jpg


結局最後は天君がひとりで暗くなるまで門番をしていたのでした

天君いつもご苦労さま!
[PR]
by charinmaru | 2015-06-03 19:50 | Trackback | Comments(0)

秋田犬&ゴールデンレトリバーと暮らす四季折々


by charinmaru