<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

風花の難病

風花に厄介な難病が発症しました
病名は「小柳ホヒト原田氏病」といいます
免疫疾患のひとつで、自己免疫が体の中の黒い部分(メラニン色素)を攻撃破壊する病気です
原因が確定出来ず(遺伝的要素が多いようですが)完全治癒する可能性は低く、唇、鼻、眼球などが白く色が抜けてきて、失明に至る事がほとんどという怖い病気です

人間にもこの病気は存在し、犬の中では秋田犬の発症率がとても多いそうです

以前にお世話になっていた右京区の動物病院の先生が、動物医科大学の卒論にこの病気の研究論文を書かれたそうで、我が家のわんこ達が秋田犬が複数頭ということもあり病気についてのお話を聞いたことがありました
そのおかげもあって、昨夜風花を病院へ連れていく時点で私には覚悟が出来ていました

e0198839_1504712.jpg

               今朝の風花

病気を疑ったきっかけは五日前の朝に風花の目頭に付いていた目やにでした
膿のように黄色ではなく、黒っぽい色だったのでさして重大には感じませんでしたが、まぶたをめくってみると白目が充血しています
結膜炎のはしりかと思い、以前に頂いた抗菌目薬を差して経過を見ようと思いました
充血は少しマシになったものの、翌日座っている時にまぶたを閉じているのに気づきました
晩御飯の後だったので眠いのかなあと思い、みんなより一足先に寝室へ入らせて眠らせたのですが、その翌日も同じ事がありました
H父が「目に傷があるんと違うか?」
TVからのチカチカした光が眩しくて、目が開けていられないような様子です
朝、夕のお散歩時の自然光は大丈夫だったのです
H父も私も仕事やコンタクトレンズで目に傷を付けた事があり、その時にTVの光が目にしみるというか、そういう経験がありました
どうやら目に痛みを感じているようだと解かりました
そして黒目にうっすらと膜が張ったように白っぽくなっている・・・
翌日、仕事の都合で夕方の診察時間に連れていくことになったのですが、もうこれはただの眼病ではないと思っていました
仕事中も「小柳ホヒト原田氏病」という文字が、頭の中でグルグル回っていたのです

結果はやはり・・・恐れていたとおりでした

この病気は血液検査などではっきりした結果が現れるというのではありません
眼圧測定や暗くして目に光を当てての眼底検査、皮膚の状態、発症年齢(4か月~二歳が最も多い)、犬種などから総合的に判断して診断が下されます
風花の場合、まだ発症して間もないという時期のようで、眼球以外の場所は異常がありませんでした

昨夜はステロイド剤の注射と目薬の点眼をして頂き帰宅
今朝ふたたび来院して、これからの治療について詳しくうかがってきました

e0198839_15583319.jpg


病院の外のベンチで順番待ちをする風花の後姿に、思わず涙が込み上げてきます
車も苦手、病院も苦手な風花のために、りきパパを付き添いに連れて行きました
ほんわかしたパパの雰囲気に、風花の緊張が一気にほぐれます(ほんと助かります)

e0198839_164405.jpg


開口一番、先生から 「お母さん、そんなに悲観しなくていいですよ」と・・・
どういう事?と思いました
以下、うかがったお話の内容です

少し前までこの病気の治療としては、ステロイド剤の大量投与くらいしか打つ手がありませんでした
致死病ではないというのが救いですが、失明は遅かれ早かれ免れない事のようです
初期のステロイド投与で劇的に視力が回復するケースもあるようですが、長期に渡る投与ではだんだん効かなくなってきます
そしてステロイドの長期投与は副作用も多いです
肝臓、腎臓などへの負担が大きく、継続して投与していくうちに内臓疾患の合併症に苦しむケースが多いのです
直接免疫に働きかける「免疫抑制剤」というものがあるのだけれど、これはおそろしく高額です
大型犬である秋田犬に必要な分量だと、なんと一日分が5000円~6000円という金額
一か月に換算すると20万円近くになってしまいます
このため、この病気で「免疫抑制剤」による治療を選択した人は、今までこの病院ではいなかったそうなんです
私もこれを聞いた時には目の前が真っ暗になり、貯金が底をついたら何か売り払えるものはないものかと、車や数少ないブランド物、貴金属を思い浮かべました

でも!
ここからが朗報なのです
つい最近になって、この「免疫抑制剤」のジェネリック薬品が開発されたのです
それによって価格が十分の一近くにまで抑えられるという事でした
先生はパソコンで調べて下さったらしく、たくさんの資料を手に持っておられました
薬品の名前、輸入代行をしてくれる代理店、10枚ほどの資料を下さいました

あまりの高額のため、この病院ではまだこの薬で「小柳ホヒト原田氏病」を治療した例がないけれど、ジェネリック医薬品の登場で先生は希望を持っていると・・・
免疫系統の他の病気の患者さんが、いち早くこの医薬品を使って、著しい効果が認められたそうなのです
副作用もステロイドに比べてかなり低いので、したがって内臓疾患を併発する恐れも少ない

風花は眼球の深い部分はまだ濁りも少なく、今のところ視力は失われていません
発症して日も浅く、体は大柄で丈夫で頑丈です

冒険ではありますが、私はこのジェネリック医薬品に賭けてみようと思いました
もしかしたら、もしかしたら、失明からも免れる奇跡が起きるかもしれない・・・

これから風花の長い戦いが始まります

チャチャの悪性リンパ腫の状態も落ち着いて、タイミングよくジェネリック医薬品も登場した
私とH父、風花にとって、発症はとても辛い出来事ですが、その中でもこの時期での発症は風花の運の強さ
そんな風に思いたいのです

もう涙は封印です
リンパ腫でも免疫疾患でもかかってこ~い!!
負けてたまるものか!
[PR]
by charinmaru | 2014-09-26 16:15
本日9月24日、我が家のご隠居チャチャが、元気に13歳の誕生日を迎えました

e0198839_17473756.jpg


昨日H父トリマーの手によるぶった切りカット(爆)いえいえ、お尻まわり、お腹まわり、足回りカットとシャンプーで、すっきり爽やかになりました

寝ている時間が増えましたが、食事の時間になるとシャキっと起きてきて、キッチン前でスタンバイ
良く食べ、お腹の調子も上々で、とても大病を患っているようには見えません
病院の先生にも、この子は与えられた寿命をちゃんと全うできるでしょうと言われ、のんびりまったり日々を過ごしております

満腹でゴキゲンな時には引っくり返って安寿と戯れていることも・・・
なぜか子供たちの中では安寿と気が合う様子のチャチャです

歩き方が少し危なっかしい時も出てきたので、段差がある道ではハーネスで引っ張り上げるようにフォロー
e0198839_1813551.jpg


排泄だけの散歩に切り替えようかと思った事もありますが、チャチャ自身がみんなと一緒に歩きたいという意欲を持っているうちは、今まで通り続けていこうと思っています

今夜は、もはや我が家の定番となったお誕生日メニュー、ステーキとチーズケーキでお祝いします

お空のリキとリンも、お祝いに駆けつけてくれるでしょうか
自分たちの分も元気で長生きしてくれているチャチャを、これからも見守り続けてくれる事と思います

秋田チームもみんなチャチャにあやかれ~~!

チャーちゃん、おめでとう!
[PR]
by charinmaru | 2014-09-24 18:10

祈り

ブログ友サコリンさまのブログ(当ブログ右端のリンクの欄から飛べます)
今日の記事を拝見して頭に血が上りクラクラしました
またしても秋田犬の遺棄、しかも複数頭

当ブログにもその子たちの写真など載せたかったのですが、色々試みるも失敗・・・
サコリンさまのブログをご覧になって、この酷い現状を拡散して頂けたら嬉しいです

家に犬を迎えようと思う時、住宅事情や家族構成、容姿の好みなどで、大型犬が敬遠されるのは仕方ないこと
秋田犬は怖そうなイメージを持たれることも多いです
最初から選ばれなかったのならともかく、大人になるまで飼っていながらこんな風に遺棄するなど、到底許せない行為です

秋田犬に魅せられ、複数頭でもちゃんと楽しく暮らせている私には、憤懣やるかたない事件です

こういう酷い事が起きないよう祈るしかありません


こんなに感情豊かで愛らしい犬なのに・・・

今日は珍しく風花がちゃぶ台に!
e0198839_15503039.jpg

安寿よりひと回り体の大きなふーちゃん、ずり落ちそうです
「一度ここでお昼寝してみたかったの」とでも言いたげ

          「アンのひみつきちやのに・・・」
e0198839_15515665.jpg

恨めし気に眺めていた安寿ですが、決して怒ったりはしません
玄関のりんママの隣で寝ることにしたよう
そのうち、小さなちゃぶ台がなんとも窮屈になった風花は、五分ほどで退散
さっそく安寿が「定位置」におさまりました
          「やっぱりここが一番」
e0198839_15553885.jpg


めでたし、めでたし・・・
[PR]
by charinmaru | 2014-09-18 15:15

病院通いの秋

陽がずいぶんと短くなりました
まだ半袖で十分平気な気温ですが、夕暮れが早いと確実に季節は変わったんだなという気になります

今週、来週とたまたま病院の予約日が続いてて(わんこではなく私です)大忙しな日々
先週から痛み出した歯の治療、三年ぶりの胃カメラ、甲状腺の検査、更年期外来・・・
後ろ二つは定期健診ですが、歯の治療はしばらくほったらかしにしていた報いです
歯は特に痛まなくても二か月に一度は行く方がいいですね
歯石取りや歯茎の状態のチェックをマメにして頂いてたら、今回のように痛み出して慌てて駆け込む事もないのに、いつもついつい先延ばしにしては後悔します

歯の調子が悪いとしっかり噛めていないんでしょう
胃の調子まで悪くなってしまい、胃痛や胃もたれに悩まされ、結果念のために胃カメラしておこうか、という事に・・・
ま、この際まとめて体のメンテナンスでもしときましょう

先週歯を削って帰ってきた時のこと、何か薬品の匂いでもするのか安寿が盛んに口元を匂ぎにきます
「安寿~。お母さんお口が痛いよ~」と泣きまねしたところ、一生懸命口元を舐めてくれました
我が家の看護師さん安寿
いつもみんなのお世話をありがとう

今日午後7時、夜散歩スタート
もうすっかり日が暮れてこんな暗さです

最近座り込みしなくなって、サクサク歩くりき。「ぼくちん、涼しくなったねえ」
e0198839_22303428.jpg

          「もっと寒くてもいいよ~」
e0198839_22334016.jpg

          「お星さまもキレイに見えるね」
e0198839_22344230.jpg


全員の食欲も旺盛になってきました
わんこ達にとってはこれからが最高の季節ですね
大人たちにはますます体力が充実するように、子供たちにはひと回り大きくがっしりした体作りが出来るように、しっかり食べさせたいと思います

ところで、そろそろ秋のTVドラマがスタートする時期ですが、前クールのドラマに「芙蓉のひと」という作品がありました
松下奈緒さん主演の明治時代のドラマでした
富士山頂で初めて気象観測を行った夫を支え、共に真冬の富士山頂に籠った女性の物語で、派手さはありませんが最終回を見て久々にTVドラマで泣きました
竹内まりやさんが歌う「深秋」という主題歌がまたいいんです
華やかな恋愛ドラマは多いけど、深い夫婦愛をテーマにしたものってそんなに多くはないですよね

夫婦も長く一緒にいると、今さらドキドキワクワクするような事ってまずありません
あるとしたらハードなロング散歩コースを一緒に歩いてる時か、病院嫌いの旦那を健診に引っ張って行き、結果を一緒に聞く時くらいのもの(ドキドキの意味が違う?)

ドキドキはもはや無いけど、喧嘩すれば鬱陶しいだけだけど、共に歩む長い時間の果てに、やがて深い情愛みたいなものが出来上がるのかな
このドラマを見てて、そういうのもいいなあって思いました

竹内まりやさんの新しいアルバム買おうっと
[PR]
by charinmaru | 2014-09-16 23:08

関西人は粉もん好き

e0198839_12155627.jpg


秋らしい綺麗な空の色と、サラっとした空気を肌で味わうわんこ達
日中はまだ29℃くらいになるので、11時頃から5時頃まではクーラーのお世話になっていますが、朝の散歩後のクールダウンは自然の風で出来るようになりました

りき。このままウトウトと船をこぎ出すことも
e0198839_12212513.jpg

りん。すっかりリラックスモード
e0198839_12221178.jpg

風花。パパとママの真ん中の位置に陣取って、寛いでいます
e0198839_12235128.jpg

天星丸。門に一番近い所で休憩しつつ番犬業務も忘れません
e0198839_12253346.jpg

チャチャ。定位置の玄関タイルの上で
e0198839_1227639.jpg

安寿。これまた定位置のちゃぶ台の上
e0198839_12282487.jpg


湿度が低くなってくるにつれて、天君のおハゲも範囲がだんだん小さくなってきました
昨日あたりから舐める回数もぐっと減ってきたので、なんとか治癒しそうです

涼しくなってくると鍋物が食卓に登場する回数が増えてきますが、ホットプレートの使用回数も多くなります
先日ご紹介した油かすでまたお好み焼きを作りました
関西人はほんとに粉もんが好きです
一年を通じて季節に関係なく食べています

我が家の「べた焼き」をご覧くださいませ

具にはイカと牛すじ肉、トッピングは油かす、天かす、そばを用意しました
e0198839_1239483.jpg

今回は市販のお好み焼粉を使用。トロトロに溶いてプレートにクレープ状に流し込みます
e0198839_12415286.jpg

キャベツと具を乗せていきます
油かす、天かす、紅ショウガをトッピングします
H父は素焼き、私はそば入りのモダン焼きです
e0198839_12425119.jpg

e0198839_12432133.jpg

e0198839_12435874.jpg

ちなみに生地とキャベツの上に味付けしたそば(焼きそば様)を乗せるのを、マンボ焼きといいます
全部乗っけたら、お玉一杯分ほどの生地を回しかけます
e0198839_1258281.jpg

ひっくり返してじっくり焼きます
(横のすじ肉はわんこ達用に焼いています)
e0198839_130645.jpg

火が十分通ったらお好み焼きを持ち上げて、卵を割り入れた上に戻して押さえます
ひっくり返したら出来上がり
e0198839_1355760.jpg

H父は卵が半熟なのが好みなので、早めにひっくり返します
私は真ん中にくぼみを作って卵を割り、崩しながら食べるのが好みです
e0198839_139136.jpg

ソースを塗った後で、私は刻みネギもトッピング
お店でも「生卵とネギを後乗せで」と注文します

こんな感じに焼き上がりました!
e0198839_1312497.jpg


粉っぽくなく胃にもたれないし美味しいですよ ♪
ぜひ一度この焼き方で召し上がってみてください
[PR]
by charinmaru | 2014-09-13 13:16

今になって・・・

日中はまだまだ暑く、夏のように30℃越えしている京都ですが、朝夕はずいぶんと過ごしやすくなってきました
先日ブログに「この夏はたいした皮膚トラブルも無く」って書いたばかりなのに

e0198839_1731120.jpg


今になって天君、左前足の甲に円形脱毛のようなおハゲが出来ました

「気にしい」の天君、さかんに舐めてはますますおハゲを大きくするので靴下をはかせましたが、その上からもこうしてせっせと内職して、靴下をすぐべとべとにしています

e0198839_1794552.jpg


靴下を不思議そうにじっと見つめるりきパパに、久しぶりに「う~!」と威嚇して、私にしかられた天君
「ぼく今手負いやねん。だから構わんといて!近づかんといて!ほっといて!」てな心情でしょうか

今週は晴れの天気が続きそうなので空気も乾燥してくるでしょうし、ひどくならないうちに治ってほしいものです

さて、これ・・・何だと思われますか?
e0198839_17175858.jpg


これは「油かす」というもので、細かくしてお好み焼きや焼きそばに入れます
京都のお好み焼きは二通りあって、出汁で溶いた小麦粉、山芋、キャベツ、肉やイカなどの具を混ぜて焼く「練り込み」と、クレープのように薄く伸ばした生地に中身を乗せて焼く「べた焼き」があります(広島焼きに似てますがモヤシは入れません)

私もH父も「べた焼き」が好きで、行きつけの店はこの「べた焼き」のお店です
自宅で作る時もこれを作ります
そしてどうしても欠かせないのがこの「油かす」
牛の腸を油でカラカラに揚げたものらしいですがホルモン屋さんにしか売ってないので、お好み焼きや焼きそばを作る時は、ちょっと離れた所まで車で買い出しに行きます
これを加えると香ばしく、味が深くなって、いちだんと美味しくなるのです

ぜひ一度お試しあれ
[PR]
by charinmaru | 2014-09-08 17:36

秋の足音

今日は朝から雨が降っているせいもあり、とても涼しく過ごしやすい気温です
ようやく秋の足音が聞こえてきたかな、という感じ
今年の夏は梅雨明け直後の一週間ほどのカンカン照り以外、雨の日が多過ぎました
高温多湿で人にも犬にも過酷な夏でしたね

我が家のわんこ達は食欲こそ減退気味でしたが、幸い誰も胃腸のトラブルはなく、高温多湿の時期に起こりやすい皮膚トラブルも、ひどい状態になる前に治まりました
みんな体が十分に成熟してきて免疫力が強くなったのかな、と思います

いつも子供たちの話題が多いので、今日は大人たちの近況を・・・

この夏、食欲も落ちず、お散歩も皆勤、最優秀賞をあげたいチャチャ
e0198839_1215931.jpg

定期健診は一か月に一度になり、二日に一度の投薬がなければ病気だという事など忘れてしまいそうになります
先月、アカラスの治療も卒業しました
ガンさえ「ただの持病」にしてしまうタフさは、私も今後見習いたいです
犬には人間のように「私は今こういう病気にかかっているんだ」という自覚はありません
しんどいかそうでないか、ということだけです
しんどければ動かないし食べない
でも、しんどさを感じても、それ以上に興味を覚えることがあれば、動こうとするし食べようとします
常に好奇心をかき立ててくれる同居犬の存在が、チャチャにはとてもプラスになっています
今月13歳になるチャチャ
先生から「この子は本来の寿命をちゃんと全うできそうだよ」という嬉しいお言葉を頂いて、今日もまったり心の趣くまま自分の時間を過ごしています

今日も便器とお友達のりき
e0198839_12223621.jpg

いつもひんやりしている陶器の便器が、この夏一番のお気に入りアイテム
当然、用を足す時はすごく難儀です
でもあまり気持ちよさそうにスヤスヤ寝ているので、踏まないように注意しながら「出るものも出ない」片足上げスタイルで用を足しています
今日はお散歩の後のクールダウンが済んだら、さっさと部屋の中に移動してくれました
それだけ涼しいってことなんでしょうね
りきはみんなの中で一番体が大きく、当然一番口もデカイ
なのに、食べ物が大き目だと(ササミ丸ごととかイワシ一匹とか)とても困った顔をして、私の顔をじっと見つめます
「お母さん、ちぎってくれないと僕食べられへんわ~」
シニアのチャチャでさえ、ガブリと喰らいついているというのに・・・
なので毎回大きな食べ物は、りきだけ小さくちぎって食べさせています
でも!ソフトクリームを順番に舐めてるときに、ガバッ!バキッ!と一口でいっちゃうのは、いったいどういうことなんでしょうね?

お手々がかなりキレイになってきたりん
e0198839_12434650.jpg

安寿の甲斐甲斐しいお世話のおかげ?で、指先が治りつつあります
相変わらず子供たちの面倒をこまやかに見、夜は私が寝室に入るまでリビングで待っててくれて、朝は「目覚まし鳴ってるよ~」と顔をペロペロして起こしてくれます
気づくといつも一番近いところにいる可愛いりん
知らず知らずのうちにこの子に頼っている私ですが、まだ二歳なんですよねえ・・(笑)
寝顔を見ていると、もっともっと甘えさせてあげないとなあ・・って思います

こんなに愛しいわんこ達ですが、世の中には信じられないような事をする人がいるもんです
盲導犬が刺される、というニュースに背筋が凍りました
電車の中かもしくは駅構内での出来事らしいです
着ているTシャツをわざわざめくり上げ、数か所を先の尖ったもので刺したらしい
盲導犬は痛みに耐え、声も上げず、血を流しながらもご主人を仕事場まで案内するという自分の仕事を全うしました
あまりにも卑劣で醜悪なこの行為に警察も捜査を開始したそうですが、訓練された盲導犬がひとことも声を発しなかったので、その瞬間に気づいた人はいなかったのでしょう
手がかりは少ないようです
このニュースを見たとき怒りで体が震えました
いったいどんな環境でどんな風に育てば、ここまで醜い人間が出来上がるんでしょうね
ご主人の職場に着くまで、誰も盲導犬の怪我を教えてあげる人がいなかったというのも変ですよね
ここ数年の天災もそうだし、陰険な事件ばかり起こるのもそうだし、ほんとにだんだん生きにくい時代になってきましたね
あと100年後、日本はいったいどんな風になってるのかなあ・・?
[PR]
by charinmaru | 2014-09-01 11:30

秋田犬&ゴールデンレトリバーと暮らす四季折々


by charinmaru