<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

雨中のシャンプー

昨日わんこ達6頭全員のシャンプーをしました
夏本番に向けてみんな二度目の換毛の真っ最中です
夏は新陳代謝が激しいのか?みんなの体臭がキツイ!
抜けた毛まで匂う気がして、お天気の良い日曜日を待っていました
夏場は外でお水でシャンプーして、自然乾燥です

まずはチャチャから
リンパのしこりが劇的に小さくなって、来月からは定期検査も月一回になりました
抗がん剤の服薬は二日に一度続けていきますが、アカラスの駆虫注射も月一回に減り、毛が生えそろって艶も出てきました

               「ああ、サッパリしたわあ」
e0198839_1151423.jpg


二番手はりき
神妙な顔で洗われています

e0198839_11534198.jpg

               「あっ そこそこ!もっと掻いて!お父さん」
e0198839_11545545.jpg


三番手はりん
シャンプー嫌いなりんは、時々「ひぃ~ん」と泣きながら洗ってもらっています

               「お父さん、早く済ませてよ~~」
e0198839_11574135.jpg


「次はだれ?」と、ドキドキしながら待つ子供たち
e0198839_11593054.jpg

e0198839_11594862.jpg

e0198839_1201281.jpg


りんのシャンプーが終わった頃から、なんだか雲行きが怪しくなってきました
黒い雲がすごいスピードで近づいてくる~!
天君、ふーちゃん、安寿の順番で洗ったのですが、最後の安寿の時にはザザ降りになってしまいました
途中でやめるわけにはいかず、どうせ濡れるのだからと敢行

シャワーか雨か、どちらで泡を流しているのか判らない安寿
e0198839_127156.jpg


みんな、お疲れ様!(一番疲れたのはH父ですね)
シャンプーされる方も体力を使うのでしょうか?みんなぐっすり昼寝して、夕食はガッツリと多めを完食したのでした

余談ですが、10日ほど前に鳩さんたちが無事巣立って行きました
その2,3日前から巣を出て木の枝の上を移動したり、夜には巣に戻って羽ばたく練習をしている音が聞こえていました
飛び立つ瞬間は見ていませんが、きっと親鳥と一緒に飛んで行ったのでしょうね
元気で暮らすんだよ~!

もうひとつ余談
22日の日曜日に、初めて滋賀県竜王のアウトレットモールに行きました
あまりにも広くてビックリ
サマーセールが始まっていたので、もともとお安くなってる商品がさらに3~5割引きでゲットできました
H父とふたり、それぞれの普段着を数枚づつ買って大満足でしたが、昼食に入った回転寿司のお店にも満足して帰ってまいりました
金沢や富山で獲れたお魚が豊富な、金沢が本店の回転寿司屋さんでした
お値段は関西本店のところよりもちょっとお高いけど、お魚が新鮮で美味しかったです
同じ回転寿司でも海の幸が豊富なところはやっぱり違いますね
モールともども、また行きたい場所がひとつ増えました
[PR]
by charinmaru | 2014-06-30 12:30 | Trackback | Comments(11)

悲喜こもごも

少しの間ブログ放置となっておりました
人生いろいろだなあと考えさせられる出来事がありまして・・・

まずは「喜」の方から

我が家のおちびさん達が元気に二歳の誕生日を迎えました!
二年前の6月23日
e0198839_17151128.jpg

左が安寿(顔がママの毛の中に隠れています)右が風花
この時天君は(高知のぼたんも)まだママのお腹の中です(笑)

生後丸一か月後
               安寿
e0198839_17201215.jpg

               風花
e0198839_17215172.jpg

               天星丸
e0198839_172250100.jpg


そして、二年後
               安寿
e0198839_17243886.jpg

               風花
e0198839_17251029.jpg

               天星丸
e0198839_17254225.jpg


でっかいアメリカンビーフのステーキ(と言ってもただミディアムに焼いただけですが)と、カステラケーキでささやかなお祝いをしました
ここの所猛暑で食欲不振だった子供たちも、そろってぺろりと完食
この頭数ゆえ隅々まで行き渡るようなケアがなかなかしてあげられませんが、よくぞ元気で二歳を迎えてくれたと嬉しくてたまりません
日々兄弟喧嘩やちょっとしたトラブルはあるものの、ばばちゃま始め親子兄弟、よくまとまってくれています
たくさんのわんこ達に囲まれ、改めてつくづくと幸せを感じた日でした

そして、奇しくも同じ日の夜、一件のお通夜の席に行ってきました

高校生の時からの親友、Yちゃんの旦那様が前日に亡くなられたのです
大腸ガンでした
まだ54歳という働き盛り
4年前に切除手術を受けられ、少し経った頃には元気そうな姿を見てほっとしていたのです
でもその時にYちゃんは「もってあと一年半くらい」と宣告されていたそうです
訃報を受けた時に初めて聞きました
お店(花屋さんを営んでおられます)に顔を出したり電話で話したりすると、いつも明るく笑っていたYちゃん
笑顔の影の涙に気づけなかった自分が、情けなくてしかたがありません
「でも、4年も頑張ってくれたの」と言うYちゃんの言葉に胸がつまりました

友達の旦那様の中でも、Yちゃんの旦那様とは一番交流がありました
爽やかなイケメンのカレを紹介されたのは22、3歳の頃でした
一緒に飲んだり、男の手料理をご馳走になったり、何度か会ううちにYちゃんがなぜ彼を選んだのかが良く解かりました

Yちゃんの元カレは目も覚めるような美青年でした
仲良しグループのSちゃんが「Yちゃんのカレを見た後に自分のカレを見ると、何か顔がぼやけて見えるんよね」というほど
そんな美青年を振ったYちゃんに、当時グループの全員が「もったいない!」とため息をついたほどでした
「なんで今のカレだったん?」と聞いた時にYちゃんが「すごく心の優しいひと」と言ったのが、今も耳の奥に残っています
交流を深めるうちに、旦那様の暖かい人柄やさりげない心遣いに、なるほどと思ったものです
本当に仲の良いご夫婦だったのに、こんなに早く別れの時を迎えてしまうなんて、人生ってなんて皮肉なものなんでしょう

旦那様のご両親はまだ健在です
車椅子でお通夜に臨まれていた姿があまりに痛々しく、掛ける言葉が見つかりませんでした
気丈に背筋を伸ばし前を向いていたYちゃんが、私に気づいて「Aちゃんありがとう」と涙ぐんだ表情が胸に突き刺さっています
これからの彼女を支えていきたい
こんなに辛いお葬式は初めてでした

喜びと悲しみ
いろんな感情に揺れ動いた日々でした
[PR]
by charinmaru | 2014-06-25 18:39 | Trackback | Comments(6)

季節の味わい

ちりめん山椒を作りました

e0198839_166363.jpg


毎年五月に入る頃から青果店の店先に山椒の実が並びます
最近ではスーパーでも扱っているところが増えてきました
京都にはちりめん山椒を販売しているお店はたくさんあります
夫婦そろって好きなのでよく買っていましたが・・・値段がとにかく高いっ!
祖母が健在だったころ、今くらいの季節に毎年作ってくれた味を思い出しながら、ここ数年自分で作るようになりました

山椒の実を枝からひとつづつちぎって15分くらいグラグラ水煮し、水に浸けて一晩置いてアクを抜きます
水切りしてちりめんじゃこと一緒に、お酒とみりん、しょうゆのみで煮詰めていきます

今年は出来が良かったみたい ♪
H父が「うん!美味い!」と言うので、両親宅と妹宅におすそ分けしました
じゃこの旨味と山椒のぴりっとした味わいが美味しくて、食欲がイマイチの時もご飯が進みます

          「お父さんはいつも安寿のこと、山椒は小粒でもピリリと辛い、って言うの」
e0198839_1630868.jpg


小柄とは言え、ちゃぶ台からはみ出るようになった体で、無理やりちゃぶ台の上に乗る安寿です

首の保冷剤+これ
e0198839_1634476.jpg

最近の我が家の必需品です

鳩のヒナが誕生している事に10日ほど前気づきました
最初はひよこのように黄色ですが、徐々にグレーの羽毛が生えてきて、日に日に鳩らしくなってきます
親鳥もエサを獲るために頻繁に出入りするようになっていたのですが・・・
三日ほど前に激しい雷雨と暴風がありました
京都市内でも電柱が折れて停電になったところがあるほどでした
エサを獲りに行った親鳥はそれで足止めをくったのか、夕方に覗いたら巣が壊れてて親鳥の姿はなく、ヒナが2羽落ちそうになっていました
かろうじて巣の底の部分だけが枝に少し残っていたのですが、その上でまだ飛べない2羽が重なり合って持ちこたえています
夜まで様子を見ていましたが、11時を過ぎても親鳥は帰ってきません
H父が意を決して巣を作りました
e0198839_16501789.jpg

お花が入っていたカゴの底を抜き、ザルをセットして落ち葉と小枝を敷き詰め、元あった巣の横にしっかり固定し、ヒナを移しました
翌朝ようやく親鳥が帰ってきたのは良かったけれど、昨日一日またお留守
鳥はヒナが巣から落ちるともう育てないといいますから、自分たちで作った巣から移動した事で育児放棄したのかもしれません
さて、どうしたものか・・・
マンションのベランダやビル、家屋の屋上、民家に巣作りされるとフン害などで鳩はやっかいな鳥ですが、公園に張り出した木の枝なので、このまま大きくなって飛び立って行ってくれた方が、死なれるよりずっといいです
親鳥さ~ん!帰ってきて巣立ちまで面倒みてくださ~い!
[PR]
by charinmaru | 2014-06-14 17:08 | Trackback | Comments(17)

リンとの思い出

今日6月11日は先代リンが旅立って丸三年の命日です
朝7時25分、リンが旅立った時間にお線香に火を付け、H父とリンの思い出を語りました
e0198839_1604051.jpg

愛らしくて活発で我慢強くて、何度か死線を超えるかと思えた大病の時でさえ、ニコニコ笑顔で「大丈夫だよ。リンは病気になんか負けないよ」と、逆に私たちを勇気づけてくれる子でした

e0198839_1653875.jpg

お花とミスドのドーナツをお供えしました
お砂糖もクリームもチョコも何もついていない一番シンプルなドーナツ
たまにですが買ってきてあげると、本当に嬉しそうに食べてくれたものです

          入院中のリン
e0198839_161236100.jpg

先代リキが急逝した時、リンは一時生きる力を失いました
何も口にせず、どんどん痩せて弱っていき、リキのあとを追おうとしているように見えました
大腸に出来た潰瘍がどんどんひどくなり、入院して点滴で命を繋いでいるような毎日
数日間で炎症が治まったあとも食べ物を受け付けようとしません

それからの三週間、私は手作りの食事とスープを朝夕持参して、リンとの根競べの日々を過ごしました
まず病院に着くとリンを散歩に連れ出します
その時リンが入院していた病院は、以前の住まいがあったところの近く
先代たちが子供だった頃からの行きつけの病院でした
毎日、かつてリキと共に歩いた散歩道を、リンとふたりで思い出をなぞるように歩きました
リンはかつての散歩道を細部に至るまで覚えていて、時折立ち止まって風の匂いを追ったり、急に小走りになって好きだった公園へ急いだり、日を追うごとにリードの引きが強くなってきました
散歩を終えると病院へ戻って便のチェックをしてもらい、入院室に入って私の手から持参の食事を食べさせます

私もその当時はリキを失くした悲しみから立ち直っておらず、ふたりでお互いを慰め、悲しみを共有しながら過ごした時間だったと思います
仕事の行き帰りに病院へ行く時はチャチャにお留守番してもらっていましたが、休日や仕事がない日にはチャチャも一緒に連れて行きました

やがて、「今日はひと口だけだったけど食べてくれた」から「半分食べたよ」になり、三週間目には「完食してくれた」に変わっていきました
食器に入ったフードを自ら食べるようになって、便の状態が良くなって、ようやく退院できた頃には、リンの目には生きようとする力が戻っていました

リンが入院していた時間・・・それは同時に、私が前を向いて進む気力を取り戻す時間でもありました
こうして共に一歩を踏み出して、それから一年間リンは元気な笑顔をいっぱい見せてくれて、今のりき、ぼくちんが我が家へやってきたのを自分の目で確かめて、そしてまっしぐらにリキのいる虹の橋へ駆け上がって行きました

お線香に火を付けながら、手を合わせながら、出てくる言葉はやはり「ありがとう」でした
e0198839_1734179.jpg

                          リン、いつかまたね。また会おう
[PR]
by charinmaru | 2014-06-11 16:36 | Trackback | Comments(6)

梅雨入り

近畿地方に梅雨入り宣言が出されました
昨日から降り続いた雨が今日のお昼前に止み、夕方からかなり強い風が吹いています
気温が今日は20度台のうえ、風のせいで体感温度がかなり涼しく感じられます

          「あ~~。極楽、極楽」
e0198839_17331713.jpg


3,4日前には36度の酷暑に見舞われ、犬も人も息も絶え絶えという感じでした
双方食欲が無くてグッタリでしたが、今日はみんな食べる食べる!
雨が降り続くのは憂鬱ですが、たまにこういう中休みがあってほしいものです

天君、門の前で仁王立ち
涼しいと番犬業務も張り切ってこなしてくれます
e0198839_17391937.jpg


普段門番は天君にまかせっきりで、カレが少々吠えていても「よろしくね~」という風なその他大勢
でも、めったに吠えないりきパパがひと言「うおん!」と言うと、みんな血相変えて飛び出して行きます
おもちゃや玄関の靴を蹴散らし、勢い余って滑ってこけそうになりながら、りんなどは「うおおお~!」と雄叫びを上げながら結集します
のんびり寝ているチャチャばばちゃままでもが、「何事かねえ?」と出張って行くのです
当のりきは「ちょっと吠えてみただけ~」という感じで、アタマをボリボリ掻きながら大アクビしてたり(笑)

          「今のはパパのガセネタね!」
e0198839_17543044.jpg


のんびり、おっとり、ぼ~っとしているパパですが、一応統率力はあるようです(ほんまかいな?)

          「ぼくが吠えても来てくれへんくせに・・・気ぃ悪いわ~」
e0198839_17575865.jpg

みんな天君に安心してまかせてるんだよ
天君が毎日頑張ってくれてるの、お母さんもみんなもちゃんとわかってるからね


鳩さんの巣を毎日観察してますが、まだヒナは誕生してないようです
一か月くらいで孵化するらしいので、もうそろそろかな?


ブログ友、サコリンさんの記事丸写しですが、ご近所にお住まいの方のご協力があれば嬉しいです
e0198839_1818393.png

[PR]
by charinmaru | 2014-06-05 18:10 | Trackback | Comments(8)

秋田犬&ゴールデンレトリバーと暮らす四季折々


by charinmaru