<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋田犬にハマった人

先日チャチャの定期検診に行った時の事です
可愛い虎毛の秋田犬パピーに遭遇しました♪
ちょうどうちと入れ違いに診察室へ入って行かれたので、わずか1,2分しかお話できませんでしたが、現在7か月の男の子で体重は早や28キロだとか
お父さんにしがみつくように抱っこされて、体は大きいけど顔だちはまだまだ幼く愛らしい子でした
お母さんの腕にはMIXらしい小型犬
「仲良く遊んでおられます?」と聞くと、「はい!実はもう一匹秋田犬を迎えようかと思ってるんです」

実はこのお父さん、以前にお会いした事があったのです
我が家の団体散歩の際に、通りの向こう側からわざわざ車を止めて渡って来られ、秋田犬の飼育方法について色々尋ねられました
当時ギン君(虎毛パピーちゃんの名前です)を迎えられたばかりで、まだ離乳食の段階でしたが、我が家の秋田軍団を見てその大きさにびっくりされていました
生後半年にもなれば20キロは軽く超えますよ、と言うとさらにびっくりされて、先住犬である小型犬と上手に遊べるのか心配されていたのです

もう一匹迎えたい、とおっしゃったからには、きっと先住犬とも仲良く暮らせているのでしょうね
その長い立ち話の際には、大型犬多頭飼いの私たちを「大変でしょうねえ」と言っておられましたが、ご自身もその仲間に加わるということは・・・そして、二頭目も秋田犬を希望されているということは・・・
早くも秋田犬にハマってしまわれたのかもしれません(笑)

チャチャのお薬をもらい、お会計を済ませて車に乗り込んだ時に、診察室から出て来られる姿がガラス窓ごしに見えました
大きな子をしっかり抱っこして、ニコニコ笑っておられるお顔には愛があふれていました


チャチャの治療は順調に進んでいます
健診の度にリンパの腫れは小さくなってきています
ただそれと同時に副作用らしきものも出てきました
手足のすね部分が地肌が透けるほどに脱毛してきたのです
おいおい顔など毛の量が少ない部分は目立ってくるかもしれません
幸い吐き気や食欲減退は全く無くて、お腹の調子も良好です
こちらに現れる副作用の方が深刻なので、お薬は変えずにこのまま続行していくことになりました

毛ぐらい少々抜けたっていいさ
これから暑くなるんだからちょうどいいさ
それよりもガンをやっつける方が大事!
そしてご飯を美味しく食べられることの方がチャチャは嬉しいよね
e0198839_11441542.jpg


このところ気温の高い日が続いてて、日向ぼっこが快適なわんこ達です
いつも門のところで立ち上がって番をしている天君
隣には風花、足元にはりきがのんびり寝そべっています
e0198839_11484281.jpg

郵便配達のお兄さんが教えて下さったのですが、天君は他の子が同じように横で立ち上がると怒るそう
門番は自分の役目
「僕がここで侵入者を追い払うんだ!みんなはあっち行ってて!」てな感じだそうです
なので天君はこのお兄さんに 「よっ!大将!」と呼ばれています

暖かいとは言えまだ気温は20度にも達していないのに、しばらく外にいるともう頭を触ると熱いんです
白毛のりきに比べて虎毛チームは格段に熱い
めいめい熱くなってきたと感じると、家の中に入ってきて熱を冷まし、上手に体温調節をしています

          「ちょっと休憩。冷めたらふーちゃんと交代してあげるの」
e0198839_1253676.jpg

          「もうお昼寝の時間だからみんな入って来なさい。ママはお先に寝るわね」
e0198839_128952.jpg


春眠暁を覚えず
いくら寝ても眠いこの季節
毎年この季節になると、わんこ達が羨ましくなります
[PR]
by charinmaru | 2014-03-25 18:11 | Trackback | Comments(5)

エストロゲンテープ

前々回ブログ更新した時に、エストロゲン(女性ホルモン)テープのことを書いたのですが、今日で約二週間使用してみたので感想を書いてみたいと思います

正直なところ劇的な何かってものはありません
減少したのなら補充をすればいい、っていう理屈の治療テープなので、元々体の中にある成分ですから、いきなり何かが変わるという性質のものじゃないんですね
ただ、体のリズム(お通じだったり、睡眠の質や朝のめざめ)は整ってきました
夜中に何度も目が覚めるということもここんとこ無いし、朝お布団の中でグズグズすることなく起き上がっています
いきなり顔が火照って汗が噴き出すホットフラッシュは回数が減りました

キャッシュカードくらいの大きさのパッケージ
e0198839_16252261.jpg

個包装になっていて、10円玉大のシール様パッチが入っています
台紙から剥がして一日置きにお臍の下あたりに貼り付け、お風呂の時もそのまま貼りっぱなしにします
私の従妹はてっとり早く注射に通った事があるそうですが、なんとなく気分が悪くて(胸がむかむかする)止めたそう
服用薬もありますが、私の場合バセドー病の合併症で肝臓の数値が最近まで良くありませんでした
肝臓への負担を考えてパッチタイプの処方にしましょうとのことでした
いろんな科がある総合病院だと、血液検査などのデータが共有できるので無駄がなく、診てもらう方も楽です
ホルモン減少によって、コレステロールや血中脂質も上がってきますし、骨も弱くなるので、こういう現象の予防のためにもホルモン補充は役立つそうですから、妙齢の女性にはお勧めしたいです

やる気の無さや体のダル重い感じはこれから徐々に改善していくのかな?
けっこう期待しています

私がパジャマのパンツをずらせてパッチを貼っていた時に、H父が不思議そうに見てたので、
「元気が出るシップみたいなもん。皮膚から浸透するんやて」
と、ごく簡単に説明しました
「おれも貼ってみようかな~」
「おっぱい膨れてくるかもしれんよ。おネエになるかもなあ・・・」
「???」
そのあと詳しく説明してあげました(笑)

さて、こちらは並んでご飯を食べている似た者親子
e0198839_16535212.jpg

りきと安寿です
e0198839_16541699.jpg

e0198839_16543132.jpg

この足とお尻が何とも可愛いくってたまりません
[PR]
by charinmaru | 2014-03-13 11:35 | Trackback | Comments(6)

チャチャの闘病経過

2月28日から抗がん剤治療を開始したチャチャですが、十日足らずで早くも効果が表れてきました
丸一週間での検査の時、「リンパ節の腫れが小さくなってる」という先生の嬉しいお言葉
食欲不振やおう吐、下痢という副作用も今のところ出ていませんし、肝臓の数値も正常値です
なんと体重が増えている!
シニアさんでリンパ腫があって、でも、食べたものはしっかり身についている
「チャチャいいぞ~!」と、先生も喜んでくださいました
手の甲はまだ黒ずんでいますが、H父が毎晩丁寧に患部を洗ってきれいに乾かして、清潔を保つようにケアしてくれてるので、患部のジュルジュルした様子が収まり乾燥してきました
週に一度の検査は当分続きますが、このぶんだと抗がん剤の量を減らせる日が早くなりそうとの事です

さすがチャチャだね~!
モリモリ食べてガンなんか早くやっつけてしまおう!
e0198839_16143799.jpg


とても嬉しい結果でしたが、ひとりどんよりと落ち込んでいる子がいました
その名はぼくちん(笑)
最近チャチャが頻繁に病院へ行き、先月下旬にはりんと天君が献血に出かけました
先週には安寿と風花が献血へ・・・
りきにとってはみんなが嫌がる病院でさえ「楽しいお出かけ」なのです
次々とクルマに乗ってお出かけして行くみんなを見送るうちに、ひがみモードがピークに達しました
今度はぼく?という期待が外れてがっかり
しょんぼりが「なんかムカつく」に変わり、お天気が良くてお母さんもお休みらしく家にいる今日
門の前にへばりつき動きません
「ご飯なんかいらん!」と朝食をボイコット
しゃーない、お出かけしよう!
りきをクルマに乗せたとたん、どんよりがキラキラに変わりました
お出かけと言ってもいつもよりちょっと遠いスーパーに連れて行っただけですが・・・
スーパーの駐車場にクルマを置き、少し歩いて宇治川河川敷を一時間ほど散歩してきました

e0198839_16332696.jpg

今日は川べりギリギリまで行ってみようか?
e0198839_16345458.jpg

大きな石がゴロゴロあって、その向こうはもう岸辺です
張り切って石の上を歩き出したりきでしたが、石の隙間に足を落として尻もちを着くわ顎を打つわ、笑ってしまうほどのどんくささ
そそくさと引上げ土手の急斜面を上がればズリっとすべり落ちそうになって、下から片手でお尻を支えながらやっとこさで上がりました
つくづくとアドベンチャーには向いていないぼくちんなのでした
でも、満足そうだったので今日のことろは良しとしましょう
e0198839_16465990.jpg

これで少しの間ひがみモードが収まることでしょう
[PR]
by charinmaru | 2014-03-11 16:10 | Trackback | Comments(4)
久しぶりにパソコン開いてビックリ!
またブログを放置すること一か月
ネタはあれど何をするにも超スローペースになってしまい、先日そのことも含めてクリニックへ行ってきました
その話題はちょっと後へどけておいて・・・

先月、りんと天君が献血をしてきたのですが、この母と息子のコンビ、半端なく病院が苦手
なので、りきの時のように半日お預けするのも不安で、身体検査から献血、その後の点滴までフルコースで付き添いをしてきました
最初に現在の体の様子を調べるために触診と採血をしてもらいます
体調が悪いようならその日は献血は取り止めということになります
まずはりんから処置室へ呼ばれたのですが、さんざん隠れたり(私の背後に)抵抗したりしたあげく、処置室に向かって歩きながらビビリうんこを五ケ所位に落としていく有り様
最初から最後まで「ピーピーピー」と、昔のポケベル状態だったりんです
ビビテンの異名をとる天君の方が、以外にも落ち着いていました
双方ともに体はすこぶる健康体
200CCづつ頑張ってもらいましたよ

          「ねえ、ねえ、ママあ。ビビリうんこしたってホント?」
          「誰がそんな事ばらし・・言ってるの?そんなわけないでしょ!おほほほ」
e0198839_1750616.jpg


次はアンとふーの番だからお願いしますね
e0198839_1753398.jpg

          「ん~。考えとくわ」
e0198839_17545637.jpg

          「それよりぼちぼちシャンプーしてよね。カイカイカイ・・・」

先月は実家の父の病院付き添い、りんと天君の献血、H父の健診、私の定期検査、チャチャの通院、と、一日置きペースで各病院へ行ってた気がします
合間に確定申告の準備をして、頭がパニック状態になる始末
実家の父の胃ろうチューブ交換は無事終わり、私の持病も落ち着いた状態だし、H父の健診結果も問題無し
一番悩んだのがチャチャの事でした
お腹の調子も良く食欲もあり、お散歩も嫌がることなく行ってるのですが、皮膚の状態が改善しません
前足の皮膚が破けて血がにじんだ状態が続いているのです
リンパ腺のガンですから治癒力の低下が著しく、傷にばい菌が入らないように抗生物質を取り続けるうちに肝臓の数値が上がってしまい、今度は肝炎のお薬が必要になったうえに、軽度の貧血も出てきました
内臓トラブルは他にはありませんが、肝臓の数値が元通りになった時点からゆるめの抗がん剤を投薬することになりました
今日で五日目になります
まだ今のところ副作用は表れてきていませんが、毎日観察を怠らず、週に一度体のチェックをしに通院することになりました
e0198839_18235051.jpg

食べることが何より楽しみなチャチャ
食欲減退という副作用だけは出てきませんように・・・

そして冒頭のクリニック(婦人科)の事です
バセドー病の症状がひと段落したので、かねてより気掛かりだった更年期外来へ・・・
がん検やホルモン検査だけではなく、心の状態のカウンセリングもしてくださるという事だったので、病院通いがてらにドアをたたいてみました
最近何をするのもおっくうになって、元気が出ないというかやる気が起こらないというか・・・
少し前までは思いついたら同時に体が動いて、石橋は叩く前に渡り始める性分だったのに(それで失敗すること多しでしたが)、なぜだか体が動かない
気持ちばかり先行して体がやたら重い
うつなのか・・・?
カウンセリングとテストの結果は至って正常(笑)
エストロゲンというホルモンの分泌が低下してくると、そういう状態になりますとの事でした
で、三日前からおへその下あたりに、小さなシップのようなシールを張り付けています
皮膚からホルモンを吸収できるらしいです
ドクターは「一週間もすれば元気が出てくるよ」と笑っていらっしゃいましたが、ほんまかいな?
結果はまたご報告したいと思います
[PR]
by charinmaru | 2014-03-03 18:48 | Trackback | Comments(6)

秋田犬&ゴールデンレトリバーと暮らす四季折々


by charinmaru