<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

何やら物々しいタイトルですが、先週大型スーパーでの出来事です
買い物を済ませ、カートを押しながらスーパー一階の駐車場に向かって歩いていました
この日はウィークデイで時刻も午後二時ごろとあって人が少なく、正面出口へのメイン通路では前を歩く人もおりませんでした

出口まであと15メートル位の所まで来た時、うしろで突然「おいこら!待てー!!」という男性の大声が起こったのです
前に人がいないので「えっ!私何かした?」と振り返ったとたん、目の前をすごいスピードで黒いものが横切っていきました
うしろには50代半ばくらいの男性が「こらー!待てー!」と叫びながら今まさに走りはじめようとしているところ

また前に目を移すと、黒いTシャツにジーパンの、一目見て若いと解る男が走りながら何かをポイっと投げ捨てました
ワンショルダーバックというのでしょうか、小さなリュックのようなものでした
どうやら男性はこれを肩からするりと抜かれて奪われたらしい

男性はそれを拾い、さらに追いかけようとしたとたん、すってんころりとこけてしまいました
その間にひったくり男は出口の手前の通路を左に曲がって走っていきました
こけている間のことですから、起き上った男性にはひったくり男のゆくえがわかりません
目の前から消えたというようにきょろきょろする男性に、私は黙ったまま男が走り去った方を指さしました

猛然と追いかけて行く男性に、左側の売り場の方から「あの出口から出て行ったよ!」という声がかかりました
左の出口から男性も飛び出して行ったようですが、その後どうなったことやら・・・

常日頃からもしこういう場面に遭遇したなら、逃げてくるひったくりに足払いをかけるとか、カートをぶつけるとか、周囲にいる人が協力できないものか、と思っていましたが、とっさには状況を把握するだけでせいいっぱいなものなんですねえ
「おいこらー!」とか「待てー!」と叫ぶより、「ドロボー!」とか「つかまえてくれー!」とかいう方が、行く手にいる人にはわかりやすいかもしれませんね

あの短い時間のあいだに、バックから男はサイフでも抜き出したのでしょうか
思いがけず男性の反応が早くてそんな暇がなく、貴重品が無事ならいいなあと思います
多分、若いひったくり男のあのスピードでは、見失った確率が高そうに思えます

以前、防犯について聞いた事があるのですが、夜道なんかで痴漢にあったりおどされたりした時、「助けて!」と叫ぶよりも「火事だ!」という方が、周囲の住民は窓を開けるとか・・・
でもとっさの時にはそんな事思い出さないものですよねえ

翌日からバックはよりいっそうしっかり、腕を通して身体にくっつけて歩いている私です

少し前の写真ですが・・・
e0198839_1047679.jpg


暑さのため、口を開けっ放しのぼくちん
ただでさえ丸目のタレ目ぎみで、笑っているかに見えるので、最近はずっと散歩のあいだじゅうエヘラエヘラと笑いながら歩いているように見えます
H父に「おまえ、何がそんなに嬉しいねん?」と聞かれてますが、
「嬉しないわ!ぼく暑いねん!」

そうだよねえ、ぼくちん
[PR]
by charinmaru | 2013-07-24 10:53

天君のおハゲちゃん

少し前の事ですが、突然天君にハゲが出来ました
e0198839_17185523.jpg

ちょっと引いて見てみると・・・
e0198839_1719648.jpg

ほっぺのあたり、白い部分があります
もう産毛が生えてきているのですが、このハゲある日突然現れました

「何か悩み事でもあるんかいな?」
犬にも円形脱毛があるんだろうかとびっくりしながら病院へ連れて行ったところ、「皮膚炎ですねえ。湿度が高いこの季節にはよくありますよ」とのこと
身体の他の部分も探していただきましたが、幸いほっぺにしか現れていませんでした
ずるッパゲになった皮膚の表面に雑菌があったので、抗生物質入りの軟膏と飲み薬を頂き、一週間ほどでうっすら産毛が生えるほどに回復してほっとしました
今ふーちゃんの脇腹あたりに同じようなハゲが現れて、天君と同じ治療をしています
ムレムレ、ジトジトのこの季節、皮膚疾患には要注意ですね

我が家のわんこ達は今換毛の真っ最中です
春の換毛でかなり綿毛が抜けましたが、京都の高温多湿の夏にはまだまだ抜け足りないよう・・・
りんがいち早く完了したようですが、アンダーコートはもうほとんどありません
短めの針毛だけになり、見た目も涼しげになりました

          「すっきり」
e0198839_1743763.jpg

産後にはかなり痩せたように見えてとても心配でしたが、いつの間にか体重が2キロ増えて28キロになり、手足が一回り太くたくましくなりました
まだまだ成長期
もう少し大きくなるかな?

e0198839_17462963.jpg

お顔はすっかり白くなりましたが、365日食事を食べ残す事が全くないチャチャ
お腹もとても丈夫で、産まれてこのかた下痢をしたことなどあまり記憶にないほどです
これが元気の秘訣でしょうか
秋になれば12歳になるというのに、みんなと同じペースでお散歩しています

e0198839_17525616.jpg

先週気温37度という暑さが続いた時に、すっかり食欲を失くしたりき
三日三晩おやつも口にせず、水だけで過ごしました
ようやく33度に下がった日に、三日間の分を取り戻すかのようなドカ食い
いつもの食事の他に、いわしを圧力鍋で骨ごと炊いたものを6匹ガツガツと食べました

さて、ご心配をおかけした私のバセドー病ですが、新しいお薬の効果が出てきました
二週間ごとに検査をしているのですが、確実にホルモン値は正常に近づいています
と言ってもこれは薬でホルモン分泌を押さえているため
首はまだ腫れが引いていません
次の検査結果しだいでは一日三回の投薬を、二回にできるかもしれないとの事でした
これを最低でも一年は続けていくことになります
持病というより体質だと思って、気長に治療していくつもりでいます

身体のどうしようもないしんどさから解放されたせいか、今年はこの暑さがそれほど苦になりません
めまいが収まり、手の震えが無くなって字がすらすら書けるようになり、息苦しさが無くなり、立ったり坐ったりがよろめく事なく出来るようになり・・・
これが普通だったんだと思い出したような気持ちです
だんだんにしんどくなっていったので、しんどさに慣れていたのですね
月並みですが、健康ってありがたい事なんだなあとしみじみ感じています
どこかがおかしいと思ったら必ず原因があります
私が偉そうに言える事ではないけれど、「ん?」と思ったら、おっくうがらずに病院へ行ってくださいね
[PR]
by charinmaru | 2013-07-17 18:22
例年よりかなり早く梅雨明けした日本列島
各地で猛烈な気温上昇が起こっているようです
京都は一昨日が35.4度、昨日が36.9度、そして今日は37度予想でしたが、体感ではもっと暑いんじゃないかと思っています
朝一番に窓を開け放って空気の入れ替えをしますが、八時を回った頃から熱風が入ってくる感じで、早くもクーラーが大活躍しています

全身毛皮の彼らはもうヘロヘロ
チャチャ以外(笑)全員の食欲ががくっと落ちました
水分多めのたまご粥を冷たくしたものをおやつ代わりに食べさせて、食欲の呼び水?にしています

今夏も保冷剤の出番です
¥100均でふたつ入りの大きめサイズを売ってるので、大助かりしています

monaさんからいただいた土佐手ぬぐいで保冷剤を包み、首に巻いてあげます
みんな「ほぇぇ~」という表情をして、すごく気持ちよさげです

e0198839_16265255.jpg

e0198839_16263260.jpg

e0198839_16272699.jpg

e0198839_162723.jpg

e0198839_16275151.jpg

e0198839_16272672.jpg


話題はがらりと変わりますが、我が家は自動車の修理工場を営んでおります
仕上がった車を納車する前に洗車をしてから納めます
車内はあまり触らない方がいいのでダッシュボードの上や窓ガラスを軽く拭くくらいですが、そのたびに思う事があるんですよねえ・・・
女性オーナーの車は車内が散らかり放題
例外ももちろんあって綺麗にしておられる人もいます
でもひどいのになると飲み物の空ボトルが足元に転がってるわ、コンビニの袋からゴミがはみ出したものがいくつも置いてあるわ、助手席シートの上にCDやお菓子のパッケージが山盛り放り出してある・・・
男性オーナーの車ではほとんど無いんです
掃除はあまりしていないらしく埃がうっすらというのはあっても、モノはそれなりに整理されています
何より修理に出す時って、車内をささっと片付けませんか・・・?
オーナーさんご自身が、髪もボサボサ、服装も適当、ひょっとして顔も洗ってないのか?という感じの人なら、ああ、さもありなんと思うでしょうが、
自分自身は飾り立てているというような人なら・・・
旦那さまや彼氏に心から同情したくなります

私も洗車や車内掃除をマメにする方ではありませんが、とにかくモノをたくさん置かないのが一番
すっきりしてると一見キレイに見えますよね(笑)

暑さ厳しい折柄、皆さまお身体をどうかご自愛くださいませ
[PR]
by charinmaru | 2013-07-09 16:59

天翔の一周忌

りんが産んだ三番目の女の子、天翔がお空に旅立ち早や一年になりました

e0198839_17495881.jpg

この一年子供達の成長を見るにつけ、いつも天翔の成長した姿を想像してきました

風花と良く似た被毛の色と、天星丸と同じく額に白い星
まだ目も開かぬうちに逝ってしまったので顔立ちは本当に想像でしかありませんが、目の切れ込みの深さから推し量って、きっとお目々の大きな可愛い女の子だったろうと親ばかぶりを発揮しています

私かH父がスポイト授乳のために産屋に近づくと、匂いや気配、声で解るのでしょう
不自由な足で懸命に這って手のひらに乗ろうとする賢い子でした

たった12日間しか一緒にいられませんでしたが、時々むせながらお乳を飲む姿は心に焼き付いています
天翔が無事育ってくれたら、この子のために出来る限りの事をしよう
気が早すぎるね、と笑いながら、義足や車椅子を作ってくれる所を毎日探したものでした
兄弟達が元気に走り回る姿を見るのは辛いだろうと、他の子を全員里子に出す決心をして、情が移ってしまうのが辛いからと、天翔がいる間は他の子にほとんど触っていませんでした

天翔が逝ってしまった時、目が腫れあがるほど泣いたものです
リキとリンを失った時にも深い悲しみと寂しさでどうしようもなかったけれど、彼らとは九年間のふれあいの思い出があります
天翔とはあまりにも少ない日々しかなくて、ただただ不憫でしかたありませんでした

一年が経ってようやくあきらめる事ができたというか、あの子の宿命だったのだと思えるようになりました

7月7日、七夕の日に法要をしてきます
この日は子供達の目が開いた日でもあります

e0198839_17511498.jpg


天翔がいつも見守ってくれてること、忘れないでね
[PR]
by charinmaru | 2013-07-04 17:53

秋田犬&ゴールデンレトリバーと暮らす四季折々


by charinmaru