<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

天星丸 目覚める!

e0198839_1753504.jpg

カメラを構えると興味津々で近づいてくる、お子ちゃまの天君
夜には私の手をはむはむしたり舐めたりかじったりしながら、いつの間にか眠ってしまう可愛い天君です
が、しかーし!満9カ月を迎え、天君も♂の本能が目覚める時がきたようです

今朝の食事時のこと・・・

今我が家では三つの空間に分けて食事をさせています
チャチャは食べる速度がはんぱなく速い!秒殺です
他の子の食べ残しをたいらげると困るので(現在、療法食のため)ひとりで食べてもらいます
りん、風花、安寿で一空間
そして、食べる速度がはんぱなく遅いりきと天君は、お外でゆっくり食べる、というパターンです

今朝もそれぞれの場所に食事を配り終えて少し経った頃、外から「がるるー」という唸り声が聞こえてきました
「ふおぉ~」というりきの威嚇の声も・・・
様子を見に行くと、天君が寝そべって食事をしているりきの前に立ちふさがり、鼻にしわを寄せて唸っています
天君の食器を見ると、トッピングの焼き魚だけ綺麗に食べてあって、フードはまんま残っています
どうやらりきの焼き魚をねらっているようでした

「がるる~!」(おやじぃ。その魚よこせよー!」
「ふおぉ~!」(ぼく今から食べよって思ってんねんもん」

りん譲りの迫力のある天君の唸り声に、お鼻にしわも寄せずただ「ふおぉ~」と抵抗するだけのぼくちん
りきは他の子の食べ物を奪った事は一度もありません
理不尽な天君の要求に、足のあたりがぷるぷると震えています
怒りか、それともちょっと怖い・・?
ここで天君にりきの食器の中のものを奪わせてはいけない!と思いました
今後ずっとそうなってしまう
りきの「ふおぉ~」が天君に通用しなくなる時が来てしまったようです

「うぉら~~!!」と天君の首の皮を両手でつかみ、ひきずって家の中に入れ、マズルを両手でつかんで、
「自分のメシ食わんかぁ~!」と怒鳴りつけました
しばらくは「がるる~」と喉を鳴らしていた天君でしたが、事態を察知して飛んできたりんに思い切りマウントされ、風花に「がるるる~!」とお目玉を喰らい、おとなしくなりました
りんは自分がりきのおやつを奪うのはいいけど(爆)子供達がりきのものを狙うのは許せないようです
日頃尻に敷いているとはいえ、やはり夫婦

身体も大きくなり、いっぱしの秋田犬の牡だという矜持が出てきたか・・?

e0198839_1849358.jpg


先日サコリンさんのブログで、福丸君に反抗期のきざしが・・という記事を読んだばかりで、うちの天君もそろそろかなあ、なんて思った矢先のことでした

午後から仕事場に行き、H父に事の次第を報告しました
「今度そんな事があったらビッシャビシャにいてまえー!」

その後はおやつの時にもごく控えめな天君です(笑)
でも、いつまたこんな風に、りきに向かって挑戦的な態度をとるかわかりません
先々に大きなトラブルが勃発する可能性はあります
秋田犬の牡が二頭・・・この先どんなことが起こるやら・・・

e0198839_194137.jpg

家の中に天君を引きずりこんでてんやわんやしているうちに、ゆっくり食事をきれいにたいらげたマイペースぼくちん
こんなにおっとりしたパパだけど、我が家の総領ですもの
この地位を揺るがないものにしていきましょう・・って、解ってるのかい?
[PR]
by charinmaru | 2013-03-25 18:19 | Trackback | Comments(8)

ご対面~!

3月17日、日曜日
暑すぎず寒すぎず、ポカポカと気持ちのいいお天気になりました
朝10時に家を出て黄檗公園へ
今日は  「黒虎毛秋田犬 小雪の毎日」の、近江さんと、ここでお会いする事になっていました
お母様の一周忌の準備のため関西へ帰省しておられる近江さん
我が家のわんこ軍団に会いたい!と、宇治まで来てくださったのです

黄檗トンネルを通り抜けると、待ち合わせの場所の黄檗公園です
e0198839_1916370.jpg

e0198839_19161764.jpg

今回お留守番の小雪ちゃんと会えなかったのが残念ですが、二時間あまり我が家のお散歩に付き合っていただき、楽しい時間を過ごしてきました
話しが尽きることが無く、しゃべり続けてもまだ物足りない気分(笑)

「ようこそお越し下さいました。わたくしが秋田軍団を仕切っております、りんでございます」
e0198839_18422621.jpg

「・・・オットのりきですぅ」
e0198839_18433157.jpg

「こんにちは~!チャチャばばちゃまと孫トリオでぇす」
e0198839_18452917.jpg


喉の渇きも忘れてさんざんしゃべり続け、コンビニへ移動して飲み物を手にさらにしゃべるしゃべる(笑)

優しい近江さんに我が家の軍団、すっかり馴染んだ様子です

e0198839_18525618.jpg

e0198839_18531317.jpg

e0198839_18532896.jpg


「今日はとっても楽しかった~!ありがとう!」
e0198839_18562679.jpg

e0198839_18591944.jpg

「今度は小雪ちゃんにも会ってみたいねぇ」
e0198839_18575512.jpg

「おいしいおやつをありがとう~!」
e0198839_18584945.jpg

「ぼく、おまんじゅうも食べちゃったよ」
e0198839_1905052.jpg

「小雪おねえさんによろしくね~」
e0198839_1924656.jpg

「安寿もアライグマ見たい・・・」
e0198839_1934274.jpg


早く車酔いを克服して、お友達のみなさんの所へ遊びに行きたいなあと、つくづく思った一日でした

近江さん、遠いところまで会いに来てくださり、本当にありがとうございました!
e0198839_1917163.jpg

[PR]
by charinmaru | 2013-03-17 19:07 | Trackback | Comments(6)

もうひとつの病院行き

チャチャの手術、入院と並行して、もうひとつ病院にお世話になる出来事がありました
こちらは病気ではなく怪我です

e0198839_1636267.jpg

          りきの右手

治療のためバリカンで毛を剃りましたが、今ではうっすらと生えてきています
いったいどこで怪我をしたものか今も不明ですが、ちょうど指と指のあいだのところをかなり深く切っていました
玄関を出てすぐの所に血が点々と付いているので誰かが怪我をしていると気付き、ひとりひとり身体を点検して、りきの右手だと解ったのです
ちょうどチャチャがセカンドオピニオンを受けに行く日の朝だったので、とりあえず消毒をしておいて、翌日病院へ連れて行きました

傷口を洗って抗生物質の飲み薬と傷用の軟膏をいただき、舐めてばかりいるようなら傷の治りが遅いということで、エリカラを貸していただくことに・・・

e0198839_1653469.jpg

e0198839_1654225.jpg


抵抗するかと思ったら全くの無抵抗でされるがまま
本当に素直というか無頓着というか・・・

家の中では当然あちこちにぶつかりますが、その度に 「お母さん、ここ通れないんだけど・・」と困った顔をしてじっと立っています
そのたびに身体の向きを替えてあげるのですが、留守の時はいったいどうなるんだろう?と不安になってきました
いつまでもじっと立ってるんじゃなかろうか・・?
この子ならありうる、と思って、当日の夜にはもうエリカラをはずしてしまいました
エリカラがあろうとなかろうと、傷にはまったく無関心のぼくちん
お薬を塗る時だけ、「ん?」と気が付くようなのんびりした子なので、怪我はまたたく間にキレイに治りました

e0198839_1791714.jpg


相変わらずりんにおやつを狙われるぼくちん
何度も取られてやっと 「ふお~!」と、威嚇なのかあくびなのか解らない抵抗をするようになったけれど、りんには全く通用しません
が、不思議なことに、子供たちにはこの 「ふお~!」がとても効くのです
今やりきに追いつくかという程の体格になった天でさえ、「ふお~!」に後ずさりするのです
のんびりおっとりのぼくちんにも「親の威厳」というものがちゃんとできていました

e0198839_1728393.jpg

3月11日というこの日に・・・
あらためて普通の生活ができることに感謝
[PR]
by charinmaru | 2013-03-11 17:32 | Trackback | Comments(6)

平穏な日常

来週の初めに抜糸予定のチャチャ
術後三日目から普段どおりに散歩にも行って、手術なんてしてたんだっけ?というほどの元気さです
退院の翌日に点滴をしていただきましたが、その際に体重を計ったところ、なんと術前より1キロ増えておりました(笑)
よほどお腹がすっきりしたのでしょう
今までチョロチョロと出にくそうだったオシッコが、音まで違っているのです
水栓をひねったように、ジャーっという感じ
あんなに迷った手術でしたが、踏み切って本当に良かったと思います

まるで初夏のような陽気が続く中、ウトウトと気持ちよさそうにお昼寝しています
e0198839_1113351.jpg


病院の先生も驚かれるほどの回復ぶり・・
もともと身体が丈夫なことももちろんですが、先生がおっしゃるには
「秋田軍団のおかげも大きいと思いますよ」とのこと
とかく寝てばかりになりがちなシニアさん
「私がやらなければ」というお仕事があるのは、若さと元気さを保つ鍵のようなものだそうです
秋田軍団を教育し、群れの長老であるというチャチャの自負が、めざましい回復に繋がったのでしょう
「先生、秋田犬五頭の上に君臨するゴールデンって、すごくないですか?」
私の言葉に先生も「確かにね」と笑っておられました
今まで先生が色んな犬を見てきて感じられたのは、同居犬がいる子はシニアになっても気持ちに張りがあるせいか、長生きする子が多いように思うよ、と・・・
多頭飼いは時に「ああ、しんどい」と思うけれど、ちょっと報われたような気持ちになりました

外では秋田軍団がひなたぼっこ

e0198839_11343643.jpg

     
e0198839_1138820.jpg

e0198839_1139312.jpg

e0198839_1139595.jpg


食欲旺盛な子供達は、食後のチャチャの薬さえ 「僕も欲しいな~」「私にもちょーだい」と羨ましげに集まってきます
なので万田酵素の粒をお口の中へ・・・
それでも大満足な子供達です

★まもなく東北大震災から二年
今も震災で離れ離れになった愛犬を、探しておられる飼い主さんがいらっしゃいます
その記事は・・・
サコリンさんのブログ「 いつも一緒、ずっと一緒」をご覧ください
愛犬と再会できる日が一日も早くきますように・・・
[PR]
by charinmaru | 2013-03-09 11:54 | Trackback | Comments(6)

チャチャの帰宅

昨日3月1日の夜、チャチャが退院してきました
当初手術日を含む三日間の安静ということで、土曜日の夜に退院予定でしたが、昨日夕方に先生から電話がありました
「チャチャちゃん、どうしてもおうちに帰りたいようです」

治療室でエコーや注射などの処置を受けると、待合室に出るドアの前に行き、「開けてくださいな」とアクションするのだそうです
部屋には入院室へ行くドアと外へつながるドアがあるのですが、毎回「帰りたいの」と訴えたそうなんです
もちろん状態が悪いと退院できるはずもないのですが、チャチャはものすごい回復力を見せてくれました
高齢になると、術後に麻酔からなかなか覚めない子もいて、麻痺状態が長く続くほど身体へのダメージも大きいわけですが、チャチャは術後すぐにパッチリと目覚めたそうです
食事もきれいにたいらげ、私が面会に行った時にはぴょんぴょん飛び跳ねて喜ぶほどの元気さです

e0198839_10384014.jpg

          術後3時間後のチャチャ

家に戻り、安心してゆっくり眠った方がいいでしょう、と先生がおっしゃり、急きょ退院となりました

しっぽをブンブン振り回しながら帰宅し、みんなに一斉に取り囲まれて迎えられ、昨夜は大いびきでぐっすり眠りました
今朝はお散歩にも参加して、朝食後また爆睡しています

e0198839_1047989.jpg


のちほど病院へ行き診察の予定です

みなさまからの応援が大きな力になって飛んできて、チャチャに元気をくれました
ほんとうにありがとうございました!

ゴッドマザーチャチャ復活です
ちなみに昨夜、今朝と、りきの食欲もすっかり回復しました(笑)
[PR]
by charinmaru | 2013-03-02 10:53 | Trackback | Comments(8)

秋田犬&ゴールデンレトリバーと暮らす四季折々


by charinmaru