<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

なすびが五つ

e0198839_2230048.jpg

生後二日目のbaby,sです

なすびが五つ転がっているような光景(笑)

出産直後からりんはトイレに連れ出そうとしても頑として動かず、横にシートを敷いても立ち上がらず、子供を抱き続けた為に膀胱炎をおこしてしまった
一昼夜経ってどうにも耐えきれず、外に飛び出して排泄してからはなんとかトイレの間だけは子供から離れられるようになり、離れても何事も起こらない事が理解出来てようやく病院で治療を受けさせる事ができた
今は膀胱炎も治まりつつあり、朝夕の散歩にも皆と一緒に出かけられるようになっている

やれやれ、とひと安心したとたん、今度は私が腎臓結石の発作
三日前位からなんだか腰がダル痛いと思っていたら、一昨日の夜突然激痛に見舞われた
痛さのあまりトイレに這って行って嘔吐し、そのまま床で転げまわっている私にびっくり仰天したH君
救急車を呼んでくれて素早い処置が受けられたおかげで、なんとか痛みは止まった
でも検査の結果石はまだ腎臓の出口あたりにあって、出てくるまで数日~10日くらいかかりそうとの事
そのあいだ強力な痛み止め座薬と飲み薬で痛みを抑えつつ、排出を促す薬と一日最低2リットルの水を飲んで、石が出てくれるのを待つしかない

車の運転中に痛みが来たら大変なので、一日3回きっちり座薬と飲み薬を使っているものの、とても薬が効きやすい体質の私・・・
一日中もうろうと半分眠っているような状態になって、とてもじゃないけど車の運転はおろか外出だって怖いありさま
仕事は休ませてもらって買い物等どうしても必要な時は、痛み止めの効果が切れるぎりぎりの時間に行くようにしている

お願いだから早く出てきて~!!

baby,sの写真の整理も進まなくて、早く見ていただきたいのにもどかしいかぎり・・・
りんの母乳はよく出ているようで、みんなボンレスハムみたいにころんころん

e0198839_23253982.jpg


こちらはパピー用の食器で食事をするりき
e0198839_2327261.jpg

体が大きくなって、ステンレスの大きな食器に替えたところ、「これボクのご飯じゃないもん」と口をつけない
以来この小さな食器にてんこ盛りにして現在に至っている(笑)

今日もこれからまた水をがぶ飲みして、痛み止め座薬を入れて寝ます・・・
[PR]
by charinmaru | 2012-06-28 23:36

BABY誕生!

本日6月23日 予定日より二日早くりんが出産しました
女の子4匹、男の子1匹の計5匹です
全て虎毛でりき似の子は一匹もいません(爆)

「あたち頑張りました!全員あたちのカラーでまとめてみました。えへっ」
e0198839_1810659.jpg


昨夜から落ち着きがなくなり、夕食も食べなかったりん
陣痛が来てはまた遠のき・・・という繰り返しがあって、痛みが遠のいている時はちゃんと眠っていました
いつもは私の布団の隣に寝ているのですが、昨夜は布団にもぐりこんできてぴったりとくっついて休みました
きっと心細かったのでしょうね
背中を撫でながら三時頃ウトウトと寝てしまい、りんが体の上に乗ってきた重みで目覚めたのが6時
息が荒くせわしなく動きます
私も布団の上に座り背中をさすり続けること30分くらいでしょうか
りんが「う~ん、う~ん」といきみ始めました。H君が飛び起きます
まもなく子供の頭が見え隠れしてきて、私は用意していた「お産セット」を取りに行き手を消毒して戻ると・・・
なんと、りんは自分で羊膜を破りヘソの緒を噛みきって、赤ちゃんの全身を舐めてあげています

H君の予想どおり、やはりりんは私の布団で出産しました
今日から私は布団をりんと子供たちに譲り渡すことになりました
せっかく作った産屋がぽつんと寂しそう・・・

誰に教わらずとも、こんなに幼いりんがちゃんと何もかもを自分でこなしたなんて!
偉いよりん!

e0198839_20391788.jpg

e0198839_20394866.jpg


6時53分に第1子が誕生してから8時58分に末っ子が誕生するまで、りんは声ひとつ上げず大仕事をやり遂げました

子供は全員が200グラム~230グラムと堂々とした体躯
お母さんのところへ自ら這っていって母乳を飲み始めました
りんは今日一歩も子供のそばを離れず、今もお乳を含ませ子供達の体を舐めてあげています

りん、ほんとうにお疲れさま!
そして、ありがとう!

ちなみに、りきパパとチャチャばばさまは、りんにガウられるので子供に近づけずむくれています(笑)
[PR]
by charinmaru | 2012-06-23 18:20

おっとり じじさま

最近父は自宅から車で5分ほどの介護センターにショートステイに行っている
お風呂に入れていただき、お天気のいい日には車椅子でお散歩したり、高齢者同士でおしゃべりしたりと、けっこう月一度5日間ほどのステイをエンジョイしているようだ
「今日は何を着ていこうかな」と前日から衣装選び?にも余念がない
母も自分の時間がゆっくり持てて、安心して買い物や読書ができると喜んでいる

ステイのあいだの中間日くらいに、私は雑誌などの差し入れを持って様子を見に行く
今月のステイは火曜日から土曜日までの五日間
水曜日にステイに行った父から電話が入った
「・・・もごもご・・・来てくれるかなあ・・もごもご・・」
入れ歯をはずしているらしく、何を言ってるのかよくわからない
雑誌の種類を指定しているんだろうか?仕事に出かける直前だったので
「今から仕事やねん。今日はちょっとバタバタしそうやし明日行くつもりやから、その前にまた電話して聞くしね」
と言うと「うん、わかった」とのこと

しかし後から解った事情によると、その時胃に差し込んだ流動食を入れるためのチューブが抜けてしまったのだそうだ
幸いセンターの職員さんがすぐ気付いて下さり、父はそのあと救急車で病院へ連れて行ってもらって処置を受け、母が病院へかけつけた時にはけろりとしていたそうだ

お昼過ぎに母からの連絡でそれを知った私はもうびっくり!
あの時の電話はそれだった?
チューブが抜けたからちょっと来てくれるかなあ?って事だったのか・・・
聞き取りづらくて勝手に解釈した私も私だけど、明日行くっていう返事に「うん、わかった」って、父もまあそんな流暢なことを~~
それに、私を呼んでチューブを差してもらおうと思ってた???

何事もなかったから笑い話ですんだものの、もうちょっと慌ててもいい事態じゃなかろうか

そんな「おっとりじじさま」と「おっとりぼくちん」
e0198839_0135963.jpg

土曜日の夜は寝る前にH君とロング散歩に行くりき
この日はてくてく足の向くまま小一時間も歩いていたら、私の実家の近くに来ていたそう
するとりきがどんどんH君をリードして、まるで知っているかのように実家の前までたどり着いたそうだ
たぶん私の匂いが残っていて(その日夕方に寄っていた)それをたどったのではないかとH君は言っていた
この日が父とりきの初対面

          「はじめまして、おじいちゃん。ぼく、ぼくちんです」
e0198839_025665.jpg


初めての家でもまったく平気でくつろぐりき
e0198839_0325128.jpg

おばあちゃんったらこんなに大きなバケツでお水くれたんだね(笑)

おっとりした者同士、何やら気が合いそうなじじさまとぼくちんなのでした
[PR]
by charinmaru | 2012-06-21 19:32

りんのマタニティライフ

出産10日前位からにわかにお腹が大きくなる・・・まさに先生がおっしゃっていたとおりだった
おとといより昨日、昨日より今日
どんどんりんのお腹が膨らんできた

e0198839_2285796.jpg

ね?もうはっきりと妊婦さんだと解るでしょう?

食事もおとといあたりから一度にたくさんは食べられなくなり、4回位に分けて与えることにした
お散歩もショートコースに切り替え、一度帰宅してからりきだけを再度連れ出すというパターン
15~20分が妊婦さんとシニアさんにはちょうど良い距離みたい

しかし、しかし、りんは興味を引くものを見つけると走り出してしまう
「りんちゃん、ストーップ!」
赤ちゃんがびっくりしてるんじゃないかとヒヤヒヤしていると
「車酔いしない子になるんやないか?」とH君
揺られ慣れて車も平気になるかも、とのんびりした事を言っている

まだまだ好奇心いっぱいのりん
身軽になったなら子供と一緒に思い切りはじけるんじゃなかろうか・・?

その前に大仕事が待っているね
痛い思いをするんだろうなと思うと、私は子宮ならぬ胃が痛くなってくる
お産の時にはずっとさすり続けて励ましてあげたい

今日から朝夕体温を測る事になった
現在はだいたい38.6度くらい
いきなり1度すとんと下がる事があったら12時間以内にお産が始まるそう
明日は居間を片付け産室を作る予定だけど、ちゃんとそこで産んでくれるかは疑問だ
H君いわく「寝室のお前の布団の上で産むんやないか?」

もうどこでもいい
無事にさえ産んでくれれば・・産まれてくれれば・・・

e0198839_2235089.jpg


すっかり見慣れたこの光景に小さな子供達が加わると思うと、想像するだけでウルウルとなってくる
チビちゃんたち・・・早くこの世界の光を浴びて風を感じて思いっきり大きな声で泣いてほしい
[PR]
by charinmaru | 2012-06-19 22:43

旅立つ命 生まれ来る命

去る6月10日リンの一周忌法要を営み、翌11日の祥月命日に一年前の事に思いを馳せていた時だった
H君のおばあちゃんが亡くなったとの知らせが入った
偶然の日付けの符合に驚きながら祖母宅に向かい、仮通夜、本通夜、葬儀、と三日間に渡るお弔いに臨席する

リン・・・悲しい思い出の日は一年に何度も無くていいよね、って事なの?

10日から13日までの四日間、ずっと読経の声を聞きながら、旅立って行った者たちの事を思った

リンもリキと同じように、残された私達に色んなメッセージを贈ってくれたなあと思う
中でも忘れられないのが四十九日の出来事・・・
体を失った魂は、四十九日まで家族を気遣いそばにいるという
そして四十九日に家を離れ、彼岸に旅立っていくそうだ

その日出勤するH君を見送り玄関を出たときに、門の前で頭上の木から突然ウグイスの鳴き声がした
住宅街の中でウグイスの声を聞いたのは後にも先にもこの一度きりだった
ウグイスはひと声鳴くと、山の方角へと飛び去って行った
「今のはリンや!」
「行ってくるよ、って言いにきたんやなあ」

H君は鳥の鳴き真似が上手くて、山に行くといつもウグイスの鳴き真似をしていたものだった
それに答えてウグイスが鳴くと、わんこ達はみんな空を見上げて不思議そうにそれを聞いていた
きっとこの声なら気付いてくれる、とリンは思ったのかもしれない
私達はしばらくウグイスが飛び去った方角をながめていた
・・・リン、行ってらっしゃい・・・

あれから一年が経ち、今りんのお腹には新しい命が宿っている

2,3日前から確実にお腹の膨らみが解るようになり、昨日病院でしっかりと胎児が確認できた
11年前の6月に力皇丸とめぐり会った時から始まったひとつの物語が、今りんの中に集結したような気がする
リキの思いが、リンの思いが、すべてを見てきたチャチャの思いが、りんのお腹の中で形になった気がする

病院から帰ってリキとリンの遺影を見つめたとき、涙があふれてしかたがなかった

絆という名のこの物語はずっとずっと続いていくのだろう

りんのお腹の子供はしっかり確認できたのが3胎
影に隠れている子を予想すると、4~5胎くらいではないかとの事だった
車酔いでりんがぐったりしていたので、エコーでのスキャンだけでレントゲン撮影はしなかった

さあ、これから出産に向けて慌ただしい日々が始まる
予定日は6月25日
多少の前後はあるだろうけど、25日は亡きリンの誕生日(2月25日)
どうか全員無事に産まれてきてくれますように・・・

身重なのにまだこんな寝方をしているりん
e0198839_1984349.jpg

乳首が小指大になってきた
e0198839_1995085.jpg

体の大きさはもう充分とお墨付きを頂いたけど、人間にたとえるならば10代での出産になる
お産と子育てのサポートを想像して思わず武者震い(笑)
りん、頑張ろうね!
e0198839_19145236.jpg


チャーちゃん、またチビちゃんが増えるの
もう一度だけ力を貸してね
e0198839_19164137.jpg


ぼくちん、パパになるんだよ!解ってる?
きのう先生に「りき、やっちまったなあ」と言われたヤンパパ
e0198839_19182595.jpg

          「ぼくちん、眠たいの~」
e0198839_19194878.jpg

e0198839_1920321.jpg


りんの出産をどうか皆様も見守ってやって下さいませ
[PR]
by charinmaru | 2012-06-17 19:21

金ちゃんの旅立ち

e0198839_1019433.jpg


お友達サコリンさんの長男坊 金太郎君が、6月10日お空へ旅立たれました

14歳11カ月・・・
大往生と言うべきかもしれません
でも、この半年あまり金ちゃんは壮絶な命の闘いをしていたのです

わが子のため出来る事はなんでもしてあげたい、と、サコリンさんは献身的な看病をしてこられました
その姿に深い感動を覚えながら、何もお手伝いできない自分がもどかしかった・・・

奇しくも同日我が家ではリンの一周忌法要を営みました
今日6月11日はリンの祥月命日
一年前の事を思い出しながら、サコリンさんの今のお気持ちを推しはかってしまいます

自分の周りが透明なカプセルに包まれて、外の世界から遠く隔離されたような感覚に陥ったあの日・・・
もの言わぬ最愛の子を抱きしめながら、それでも太陽が昇り新しい一日が始まる事が、不思議でしかたなかったあの日・・・

霊園で法要の読経を聞きながら
金ちゃんをしっかりご案内するんだよ、とリンに話しかけました

ご家族が揃う時間を旅立ちの時に選んだ金ちゃん
ありがとうの気持ちを伝えたかったんだね

金ちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします
[PR]
by charinmaru | 2012-06-11 10:46

夏支度

換毛もあらかた終わって、なんだか顔が一回り小さくなったようなトリオ

e0198839_10452043.jpg

       「兄さん、トロにぎって!」 「あ?」
すっきり角刈りの板さんという雰囲気

e0198839_1122426.jpg

ますます精悍な?顔立ちになってきたりん
相変わらずりきのおやつをかすめ取り、「僕のやで~(ぅぅ~)」と、控えめに抗議するりきを
「やかましい!!さっさと寄こさんかい!!(がるるるー!)」と、尻に敷きまくっている

e0198839_15433767.jpg

いつも寝ている写真ばかりのチャチャ(笑)
さすが年の功で、刻一刻と変わる日陰や風の通り道は熟知してて、いつも一番の特等席でいねむり・・
良く食べ、良く寝て、元気なシニアライフを満喫中

朝の散歩の後は、それぞれ保冷剤をくるんだバンダナを首に巻いてクールダウン
水撒きのシャワーの下をくぐって遊び、体を拭いたら朝食というパターンになっている

さて、昨日は太陽の前を金星が通過するという天体ショーがあった
今年3月ごろだったろうか、夜空に金星、月、木星が縦一直線に並ぶ現象に偶然遭遇した
携帯での撮影なのでかなり不鮮明だけど、アップしてみます

e0198839_15582757.jpg


今夜空は冬の星座から夏の星座に変わって、そろそろさそり座やはくちょう座が見えるころ・・
夜空を眺めながら歩くのが好きな私は、しょっちゅうつまづいたりするけれど(たまにはコケることも)
こういう貴重な偶然に居合わす事もあるから楽しくてやめられない
今年は数十年に一度とか、数百年に一度とかの天体ショーがたくさんある年
なにか嬉しい奇跡が起こらないかなぁ・・・

前記事↓に追加しました
「摩天楼ブルース」のPVを見つけたので、よかったら聴いてみて下さいませ
[PR]
by charinmaru | 2012-06-07 11:03

秋田犬&ゴールデンレトリバーと暮らす四季折々


by charinmaru