<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お陽さまが見たい!

最近父の病院通いで、夕方は陽が暮れてからのお散歩ばかり
今週思いがけず早く帰宅できた日があって、久しぶりに明るい中での散歩ができた

こんなに嬉しそうなお顔
e0198839_17402267.jpg


何度も振り返り
「こんなお花が咲いてるよ!」
「いい匂いがするよ!」
「ぼく、この道はじめて歩くよ!」
と、ニコニコ嬉しさを伝えてくれる

近くに見える山もそろそろ色づきはじめたよう
いつも真っ暗な中では解らなかったね

e0198839_17454595.jpg


一時間あまりをゆっくりと歩いた
チャチャも長い距離でも嫌がることなく、とても穏やかな表情
e0198839_17475660.jpg


公園のフェンスごしに見た夕焼け
今日は夕焼けに間に合ったね
e0198839_17492720.jpg


就寝前のひととき、ガウガウとじゃれあって楽しそう
e0198839_10462670.jpg

e0198839_10464448.jpg

e0198839_11114527.jpg

ちょうど去年の今頃は・・・
e0198839_1049425.jpg

こんなふたりに心和ませたものだった

今日と同じ明日が必ず来るとは限らない
チャチャが10歳の今日、りきがパピーの今日は二度とない日
この子達との時間をけっして無駄にはすまい

リキとリンが教えてくれた事を、多忙にかまけて時々おざなりにしてしまう私
それにふと気付く時、リキの「ふぅー」とため息をつく顔と、リンの上目使いでじっと見つめる表情が心に浮かぶ
振り返ってチェストの上の写真立てを見ると、リキとリンは「やれやれ・・」と笑ってくれる
[PR]
by charinmaru | 2011-10-29 17:52

父、退院近し・・?

以前に父が誤嚥性肺炎を起こして入院したことを記事にした
体の衰弱が激しいので胃に直接栄養食を送りこむチューブを造り、体力の回復がある程度認められたのち、なぜ今回飲みこみが困難になったかの原因を探るべく、転院して検査を続けてきた

結果、判明した病名は「ギランバレー症候群」
神経系統が侵される難病ではあるけれど、救いは治療法があるということ
肺炎を起こした原因が、もし老衰によるものや脳梗塞の後遺症によるものからの機能マヒならば、私達家族は寝たきりになった父を自宅介護する覚悟だった
けれど治療の効果が現れ始めて、父は今少量ながらも流動食を口にし、歩行器を使って数十歩歩けるまでに回復してくれた

再来週からリハビリ目的でもう一度転院し、そのあとようやく念願の帰宅ができる
高齢ゆえベッドでの生活期間から推し量って、日常生活ができるまでには一年くらいのリハビリ期間が必要になるだろう
病院ではとりあえず自力でのトイレ訓練を行い、あとは在宅リハビリをすることになった

退院に向けて家族も今病院に通い色んな訓練をしている
着替えや排泄の補助、吸引機の取り扱い、チューブから食事を挿入する技術、口腔ケアの仕方・・・
看護師さんの手を借りずに出来るまでに上達してきて、介護にも少し自信が出てきた

7月以来とても長い道のりだったけれど、父の頑張りを見て色んなことを考えさせられた
希望があれば人間ってこんなに頑張れるものなんだ
父は病床で、かつての趣味だった「山登り」の本や、もう一度口から食事が摂れるようになったら行ってみたい「美味しいお店」の本を毎日読んでいる
自分の気持ちを奮い立たせて目標に向かう姿を見て、父の娘であって良かったとしみじみ思っている

毎日の帰宅が遅くて、長いお留守番を強いているわんこたち
びっくりするようなイタズラをする事もなく、とてもおりこうさんに待っていてくれる
これはチャチャの教育のおかげだね

   「まだまだ甘えん坊ですよ。今もね、ちょっとすねてるよ」
e0198839_1249993.jpg

   「りき、どうしたの?」
   「ぼくお姉ちゃんと一緒にお外の番がしたいの」
e0198839_12524924.jpg

朝食後、しばし外でひなたぼっこをした後は、チャチャは家の中に入って来てお休みタイム
りきはさかんにチャチャを外へ誘うけれど、遊びに乗ってもらえずイジイジ・・・
e0198839_12575513.jpg

   「いいよ、もう。ひとりでお外の番するから」
e0198839_1259416.jpg

   「やれやれ。さっ!ねんね、ねんね・・・」
e0198839_1311448.jpg


こんなに大きな図体になってもまだまだチャチャからの親離れ?は先のことのよう
[PR]
by charinmaru | 2011-10-23 13:04

秋田犬談議

日曜日病院へ行き、帰り道にはお約束の寄り道をしてきた
まずは出発の時の様子を・・・

     るん、るん、るん!いざ出発~!
e0198839_2129820.jpg


お出かけが嬉しくてたまらず、身を乗り出すりき
ところが・・・
          「ん??この感覚は・・・」 
e0198839_21363711.jpg
 

     「ぼくちん、酔ったみたい~~」
e0198839_21433851.jpg


この後しょんぼりと座り込み滂沱のよだれを・・・
しかしここは家を出て一つ目の信号を越えてすぐのところ(笑)
今りきは車酔い克服が当分の課題となっている
けれど今のところ車に乗り込む事を嫌がりはしないので、せいぜい出かけて早く慣れてくれれば、と思っている

帰りの寄り道は「梅小路公園」
ここは、蒸気機関車館やレストランも敷地内にあるとても広い公園
ぐるりと一周するだけでもけっこういいお散歩になる
しかしここは野良猫のパラダイスのよう・・・
あちらの茂み、こちらの茂みに野良猫がいっぱいいる
 
          「あっ、あれは・・・!」
e0198839_2233931.jpg
 
          「りき見てごらん。にゃんこさんがいるよ」
e0198839_2253944.jpg
 
          「えっ!どこどこ?」
e0198839_2281265.jpg
 
          「あ、いた!にゃんこさ~ん、遊ぼっ!」
e0198839_229545.jpg
 
          「あれぇ~?フーッて怒ってるよ」
e0198839_22112031.jpg


休憩しながらゆっくり一周していると、うしろから「すみませ~ん」と追っかけてくる人がいる
「秋田犬ですよね?」
遠くから私達を見つけて走って追いかけてこられたそうだ
母娘とおぼしきそのお二人は、自身も白秋田犬の7カ月の女の子と暮らしておられるとのこと
今のその子はなんと4代目という大の秋田犬好きで、秋田犬を見かけようものなら声をかけずにいられない
「ああ、解ります~。私達もそうなんですよ」
見かける事が少ない犬種という事もあるだろうが、秋田犬好きには熱烈な人が多い
車を止めて降りてこられる人もいるし、向かいの通りからわざわざ渡ってきてまで見にこられる事もしばしば
こうして追いかけてこられる事も今までにたくさんあった(私もしてるけど)
30分ほども立ち話をしてパピーちゃんの写真を見せていただき、りきとチャチャをぞんぶんにナデナデして写真を撮って帰って行かれた
食事の事。お手入れの事。お互いの先代犬の事。話は尽きない

今までにも秋田犬ファンの方と秋田犬についての談議をどれほどしてきただろう

ある人はアメリカに置いてきた子を想い、虎毛のリンを見て駆け寄られた
仕事の都合でアメリカに住んでいたが予定より早くの帰国となり、悩んだ末に友人に託してこられたそうだ
広い農場で毎日自由に走り回るその子の生き生きとした暮らしを、そのままにしておいてあげたかったそうだ
「でも会いたくて会いたくて、こうして虎毛の秋田犬を見かけると近づかずにはいられません」

ある初老のご夫婦はリキの前に膝をついて座られ、「先日亡くしたうちの子にそっくり」と涙を流されていた
今はその気持ちがすごくよく解る

ある男性は一人暮らしになって(理由は解らないが)狭い住居でペットも禁止の所に引越され、友達に愛犬を譲られた
友達はとても可愛がってくれているが、愛犬は何年経っても自分が会いに行くと一緒に帰りたがって泣くという
今は友達がお前の主人なんだから、と、心を鬼にして会いに行くのをやめたけれど、こうして秋田犬を見かけると胸が痛くなる、と長い間じっとうちの子を見つめておられた

みなさんが別れ際に必ずおっしゃる言葉は「秋田犬は本当にいい犬ですね」

ヘレン・ケラーやスティービー・ワンダーが秋田犬をこよなく愛する人だというのは知られた話だけど、彼らは目が不自由な人たち
ヘレン・ケラーは耳も聞こえない
アイコンタクトも出来ないし、言葉をかけることも出来ない
けれど彼女は「私はかつてこれほどまでに献身的な犬を知らない」という言葉を残しているそうだ
それは秋田犬が人の心を鋭敏に読み取り、心と心で繋がる事ができる不思議な力を持った犬だという事ではないだろうか・・・

秋田犬について語り出すとどうにも止まらない私
同様の人達が思いがけずたくさんいらっしゃって、声をかけられる度に時間を忘れて話し込む
今度見知らぬ人と「秋田犬談議」をするのはいつの事になるのだろう
それを密かに楽しみにしている

  
[PR]
by charinmaru | 2011-10-17 23:27

最近凝っています

e0198839_1824525.jpg


タジン鍋
今さらという気がしないでもないが、手抜きができるわりにちゃんとした夕食という感じになる
冷蔵庫にある野菜をざくざくと切って、豚肉や鶏肉、エビなんかを乗っけてお酒か水を少々振りかけ、フタをして火にかけるだけ
ポン酢やごまだれを用意して鍋ごと食卓に乗せれば、今日の夕食の出来上がり
メニューを考えるのが面倒な日や、煮る、焼く、の時間さえ無さそうな日のたのもしい味方

鍋と一緒に入ってたレシピ集を見ると、焼きリンゴやふかしイモなどのおやつも簡単にできそうで、この冬出番が多くなること間違いなしのお鍋です

ところで、チャチャがなにやら言いたいそうで・・・
      「チャチャです。ワタクシ番犬業務を
       この度引退することにしました」
e0198839_18461718.jpg


リンの具合が悪くなりかけた5月以来、頑張ってお外の番をしていたチャチャ
りきがお外に興味津々で門のところまで出て行くと、ハラハラとついて行ってはりきの前に出てかばうように立ちはだかっていた
そのりきもみるみる大きくなって、今やチャチャの事をちゃんと労われるようになってきている

e0198839_20364990.jpg

10歳になり背中にもちらほら白い毛が混じるようになり・・・
e0198839_20381239.jpg

歩くスピードもゆっくりで、チャチャが追いつくのを待っているりき

大役を仰せつかったりきは、はりきってお外の番をしている
e0198839_20403212.jpg

     「四方を見まわしてないとダメなんだよ」
e0198839_20415294.jpg


ここんとこチャチャは安心して玄関の内側でうとうとまどろんでいる

     「なかなかたのもしいお仕事ぶり
      りきちゃんしっかりお願いね」
e0198839_20441757.jpg

[PR]
by charinmaru | 2011-10-13 20:47

男の子の匂い?

この連休前の一週間ほど帰宅時間が遅かった我が家
「ただいま!」と玄関を開けると喜んで転がり出てくるチャチャとりき
飛び付いてきたりきをぎゅうっと抱きしめて、頭のふわふわ毛に顔を埋めた時だった
あ、この匂い・・・!
一年半ぶりに嗅いだ懐かしい匂いだった
なんだか突然ぶわっと涙があふれた
「リキ・・・」

赤ちゃんの匂いがしてたりきがまたたく間に大きくなって、「男の子の匂い」になっている
犬との暮らしで嗅覚が発達したのか?匂いにとても敏感になった
犬の体臭もそれぞれ個体差があって、男の子と女の子とでも全然違う

23キロを超えたりき
間もなく生後半年
人間でいうところの思春期に入ったのかな

e0198839_13501227.jpg

e0198839_13503086.jpg


7月末のお散歩デビューまで使ったベビーカーがとても小さく見える
歯の生え換わりも終わって立派な牙(犬歯)も生えてきた
まだ口を開いても唇から覗くところまで育っていないのが、唯一お子様らしいところ

e0198839_13581748.jpg

         「最近ちょっとナマイキ~!」

それでもまだおとなしく抱っこされてる姿に笑ってしまう
e0198839_1435361.jpg


ご近所にまるちゃんというコーギーの可愛いガールフレンドもできたりき
ただいま青春真っ盛り!
[PR]
by charinmaru | 2011-10-10 14:12

秋を探しに出かけよう

お散歩が快適な季節になり、ついつい距離が延びるこのごろ・・・
チャチャのコンディションに合わせ休み休み歩くが、今日はチャチャ絶好調
先に立ってスタスタと歩いていく

     「りき、また葉っぱ追いかけてるの?」
e0198839_1217233.jpg

     「風でころころ転がって逃げていくんだよ」
e0198839_1219332.jpg


何を見ても不思議で楽しくて仕方ないりきは、たびたび立ち止まり道草くってはチャチャにせかされる

     「またあ~?早く来なさ~い」
e0198839_1221488.jpg

     「えへへ~。叱られちゃった」
e0198839_1223185.jpg


道端に秋のお花がいっぱい!
e0198839_12242746.jpg

e0198839_12245024.jpg

e0198839_12251470.jpg

柿の木も実をつけはじめた
e0198839_1226491.jpg

実るほど頭べを垂れる稲穂かな。稲穂の黄金色と彼岸花の赤とのコラボがとってもキレイ
e0198839_12292820.jpg


誰もいないあぜ道で呼び戻しのトレーニング
しばらく走り回った後で 「りき、おいで~!」
e0198839_12312287.jpg

     「りき、おとーさんが呼んでるよ!」
e0198839_12341394.jpg

     「は~い!」  「よく出来ました」
e0198839_12351792.jpg


チャチャというお手本があるので教える方は楽だし、覚える方も楽しんで覚えるからとても早く覚えていく
多頭飼いのいいところだなあと思う
色んなトラブルを避けるためにも、呼び戻しだけはしっかり覚えさせたい

この季節夢中になって遊んでるとこんな事に・・・
e0198839_12561839.jpg


わんこのしっぽにも似たこの草
エノコログサってこれのこと?
e0198839_12445259.jpg


りきの目の前でゆらゆら揺らすと興味津々でかぶりつこうとする
e0198839_12465988.jpg

e0198839_12471132.jpg

e0198839_12473025.jpg

     「私はもうそんなものにはつられませんよ~」
e0198839_12482477.jpg


金木犀の香りを胸いっぱいに吸い込みながら、二時間近くゆっくりと歩いた
秋を体じゅうで感じた朝のひとときだった
[PR]
by charinmaru | 2011-10-02 12:58

秋田犬&ゴールデンレトリバーと暮らす四季折々


by charinmaru