<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

これはリキ、リンが健在だった2009年秋のもの
e0198839_1633294.jpg

以前にオオカミの位置関係について触れた事があったけど、ボスであるリキが後方にででんと陣取り、最年少のリンが先頭にいる
そして怖がりのチャチャはボスリキの後ろかさらに安全な奥まったところ
e0198839_16381385.jpg

テリトリーの外を通りかかったわんこを偵察に行くリン
向こうが通り過ぎざまに吠えてきたらリンが応戦する
そのまま行ってしまえばリキはこの態勢のままリンにまかせているが、相手がフェンスに近づいてさらに吠えるようなら、がばっと立ち上がり自分が追い払いに出て行く
e0198839_16452497.jpg

そしてそれをはらはらと見ていて時々「うおん!」と声で加勢するチャチャ

リキ亡きあともリンはずっとこの位置を守り、チャチャも同様でリキの「聖域」は空けたまま、ふたりで番犬業務を続けていた
と、言ってもチャチャは応戦するリンのすぐ後ろに立って
「リンちゃん、大きい子だよ。大丈夫?」と、おろおろ足踏みしながら時々「うおん!」の加勢
ところがリンに心臓の発作が出る少し前から、チャチャがリンにとって代わるようになった
怖がりのチャチャがどどどっとフェンスぎりぎりまで走って行き、勇ましく吠えている
リンは定位置で座ったまま以前のチャチャのように声で加勢するようになった

間もなくリンの具合がどんどん悪くなり、チャチャが勇気を振り絞ってリンをかばっているのだと解る
私はチャチャがリンの体の不調だけではなく、もうリンの時間が残り少ない事すら知っていたのではないかと思っている
人間のように言葉でコミュニケーション出来ず心で話す彼らの会話は、私達よりずっとストレートで嘘がないのだろう
チャチャとリンは私達よりもっと早くに別れをかわしていたような気がする

リンは旅立ちの前夜ちびのケージに寄りそうようにして一夜を明かしている
旅立ちの瞬間もちびはリンの姿をすぐ後ろにあるケージから見つめていた
リンは自分が命を終える瞬間にその姿を見せる事で、リキから受け継いだ何かをちびの中に叩きこんで逝ったような気がしてならない

ちびは6月11日の夜、はげしく嘔吐と下痢を繰り返した
先生に連絡したところ、今からまさに帝王切開の手術に入るところなので終わり次第連絡を下さるという
連絡を受けてH君とチャチャにリンの付き添いをまかせ、深夜近い時刻にちびに点滴をしていただく
ストレス性腸炎で脱水症状になっていた
点滴の間ぐっすりと眠ってしまったちびを見守りながら、先生がリンのカルテを出してきて下さり、奥様と三人でリンのささやかな通夜をした
「リンが初めてここに来た時の体重は7キロだよ。最終のワクチンだね」
そしてレプトスピラ、子宮蓄膿症、ストレス性大腸炎・・・
幾度もの入院とその時の様々なエピソード・・・
「正直もう八割がた危ないと思った時もリンは頑張ったね。9歳までよく生きてくれたと思う」
先生はリンに、と花束を用意して下さっていた

帰り道「稲荷山トンネル」に入ってすぐ、ちびが起き出した
助手席に置いた大きなダンボールのふちにアゴをちょんと乗せ、じっと私を見ている
その表情を見て私の口からごく自然に「リキ、ごめんね。しんどかったね」という言葉が出た
生後わずか50日の子犬にとってあまりにも過酷だった二日間
そんな体験が一夜にしてちびの表情を「赤ちゃん」から「リキ」に変えていた
「リキ、このトンネル思いだした?」
そう話しかけたとたん、この一年余りの間に起こった出来事とその意味のようなものが頭の中に渦巻いた
リンの体を労わり命をリンに繋ぐように、そして妹達が旅立つ時にひとりぼっちで行かせるものかというように、先陣を切って空へ駆けあがったリキ
私の悲しみや後悔を吸い取るように癒して、ちびの中にリキの思いを宿させて、そしてチャチャにその成就を託してリキのあとを追ったリン
チャチャを本格的にダイエットさせたのは心臓のトラブルだったけれど、先月の健診ではとてもきれいな心音になっている
これもリンの、自分を献身的に可愛がってくれたチャチャへの愛だろうか
リンは今まで色んな病気をしたけれど、最後の闘病までは心臓だけは丈夫だったのだから・・
リキとリンは私達にちびを授け、自分達の思いを宿していく事をチャチャに託してくれたのだと思った
命ってこうして巡り巡っていくんだと気付いて、「リキ!リン!」と大声で名前を呼び、トンネルを走り抜ける間思いきり泣いた
e0198839_2137814.jpg

赤ちゃんなのに、ときおりふっと大人びた表情をするちびリキ
この子は全くと言っていいほど手がかからない
トイレの失敗もほとんど無くて、我が家に来てから夜泣きも一度も無い
病院で手当てを受けた翌日には旺盛な食欲を見せ、日に日に大きくなってゆく
チャチャは一週間ほどじっとうずくまり自分の殻に閉じこもっていたが、ここ数日かつてリンを育てたようにちびリキの世話を懸命にやいている
しっかり叱りしっかり可愛がり、ちびリキもチャチャを慕って付いて歩くので、ケージは早くもがらくたと化してしまっている
ちびリキは今家の中を歩き回って、我が家に染みついているだろうリキやリンの匂いを嗅いで、そこから様々なメッセージを受け取り、まるでイリュージョンを見ているようにリキと同化している
e0198839_22221100.jpg

e0198839_2232827.jpg


ちなみに、ちびリキはやはりというべきか車酔いをする
[PR]
by charinmaru | 2011-06-25 18:06

初七日、そして月命日

e0198839_15174583.jpg


6月17日金曜日、リンの初七日を家族だけで静かに過ごす
あの日以来まるで長い長い一日がずっと続いているかのように思えた日々だった
そして18日はリキの月命日
こんなところでもふたり寄りそっているんだね
仲良く連れだって歩く姿が心に浮かぶ

e0198839_15252327.jpg


台車に乗って散歩する姿を記事にした頃、リンはもう自ら食事をする事が出来なくなっていた
心筋が弱った事による酸素不足、肝硬変に進みつつある肝機能、胃腸に潰瘍状の出血があり極度の貧血
朝夕12粒ほども飲まなければいけない薬をこの頃からすべて止めた
点滴に通い体に直接入れてもらって、口からはリンが食べたいもの、食べられるものだけを食べさせた
e0198839_15414554.jpg


そんな状態であっても日中は玄関先で外の空気に触れたがるリン
夜は私達の寝室で同じ布団で眠るようになった
6月8日からは日中も寝室で過ごし、それでも頑としてシートで排泄する事を拒むので、H君が抱いて外へ連れていった
e0198839_1555588.jpg


子犬を迎える事をあきらめよう。リキならきっと解ってくれる
夫婦で話をした6月9日の夜、リンが立って歩けるようになった
「点滴の効果が出始めたのかな」
希望の光が見えたかのようだった
レシピを手に悪戦苦闘して作ったレバーペーストとおかゆを食べてくれる
翌早朝もウィダーインゼリーとプリンを、用意した分食べてくれた
「リン、おかーちゃんはちびリキを迎えに行ってくるね。楽しみに待ってて」
もしかしたらちびリキを見て生きる力、生きたいという力が湧いてくるのではないか・・・
H君が仕事を休み通院とリンの世話を引き受けてくれた
新幹線の中からもメールで連絡を取り合う

「いいぞ、リン。昨日より状態が良くなってる」
先生はそう言いながら、少しでも移動する負担が軽くなるよう、車の中で点滴をして下さったそうだ
その間これからの治療方針について先生と話し合い、H君はメールで拍手の絵を送信してきた
車中で思わず涙がこぼれ落ちる
帰宅した私を玄関先まで歩いて出迎えてくれたリン
満面の笑顔に大きく振られたしっぽがどれほど嬉しかったことだろう
ちびリキは床に降ろされるなりまっすぐにリンに駆け寄った
ちびの母親は虎毛だから一瞬母だと思ったのかもしれない
リンの口元をぺろぺろと舐めて「お腹がすいたよ」と訴える光景には初対面の違和感は全く無かった
e0198839_23331430.jpg

6月11日 明け方
私達と一緒に寝ていたはずのリンがいつの間にかちびのケージのところまで移動して、ケージに寄りそうように寝ている
・・・リン、ちびとどんな話をしていたの?・・・

私達夫婦、そしてリキ、チャチャは全力でリンを守り、全力でリンを慈しんできた
リキが旅立った時、リンは本当は後を追って行きたかったのだろう
けれどリンはあれからの日々を私達のために懸命に生きてくれたのだと思う
リキにしてあげられなかった事・・・それをすべてさせてくれる事で、リンは後悔の念で苦しむ気持ちを昇華させてくれた
リンのために食事をあれこれ工夫し、世話をやく毎日は本当に幸せだった

リンが最後に選んだ場所は玄関だった
自分で歩いて行き、H君を見送り、いつものように外を向いてうずくまり、間もなく容体が急変した
リンの体がもう限界なのは解っていたし、苦しみから解放してあげなければと思いながらも、私は手のひらでリンの胸を押し、マズルをくわえて息を吹き込み、人工呼吸をした
もう二度と目を開いて私を見てくれる事はないのだとやっと理解できるまで・・・

e0198839_1902680.jpg

あれからチャチャは、いつもリンがひなたぼっこをしていた場所を見つめるようにうずくまっている
言葉には出来ないけれど、涙は流せないけれど、チャチャが泣いている、と思う

今チャチャは毎晩私達と一緒の部屋で眠っている
[PR]
by charinmaru | 2011-06-18 16:38

ありがとうございました

e0198839_2051466.jpg


青空さえのぞいた午後、リンはまっしぐらに空へ駆け昇っていきました

こんなにもたくさんの人の愛がリンを支えていてくださったんですね

暖かいコメントに涙が止まりません

もう少し気持ちが落ち着いたらリンの最後の闘いを聞いていただきたいと思います

e0198839_2115128.jpg


出立の間際までチャチャはリンに寄りそってくれました

お優しいコメントとリンの為に心をこめて選んでくださったお花に、どれほど癒されているかわかりません
本当にありがとうございました

e0198839_2181527.jpg

[PR]
by charinmaru | 2011-06-12 21:10

リンが旅立ちました

今朝7時50分 リンが旅立ちました
リンの病状を心配してくださり、応援してくださり、本当にありがとうございました
リンは頑張りぬきました
偉かったね、とほめてあげたいと思います

e0198839_11343427.jpg

[PR]
by charinmaru | 2011-06-11 11:35

台車でお散歩

e0198839_17441854.jpg

                リン、頑張っています

e0198839_17472150.jpg


ヘルニア発症時に思いついた台車でのお散歩
二度目の使用とあってリンも慣れたもの
浅くて速い呼吸は投薬の効果で治まった(これからも飲み続ける事になるだろうけど)
でも連動して内臓の機能が低下している
お腹の具合が悪くなり、あわや大腸炎かというところだったが、すぐさま病院へ走り水際でくいとめられた
日、月と食欲が戻ってきたと喜んだ矢先に今度は肝機能の悪化
またもや元気なくじっとうずくまっている
オレンジ色の尿が出てどうやら黄疸が出ているようだ
すでに肝臓の薬とサプリは飲んでいるから、先生に相談しながら肝臓に良いものを食べさせて安静を続ける事にした
あまり衰弱するようならまた点滴に通わなければならない
でも、生き物は口から栄養を摂るのが一番
今は甘いものでも何でもリンが食べられるものを食べさせれば良いという事なので、プリンを作ってみたところこれが気に入ったよう
卵とわんこ用のミルクと蜂蜜でちょっと柔らかめに仕上げ、ねりごまをかけてスプーンで食べさせる
美味しかったようで、にま!っと笑顔が出た

e0198839_18205078.jpg


台車の横にぴったり寄り添い、「リンちゃん、大丈夫?」と時々顔を覗き込むチャチャ
リンは歩けなくてもこうして外に出るととっても嬉しそうだ
リンの嬉しそうな顔を確認すると、チャチャは「リンちゃん楽しいって!」と、自分も笑顔で私達を振り返る
ありがとうね、チャチャ
この優しさと明るさにみんながどれだけ癒されている事か・・・

e0198839_1830182.jpg

e0198839_18321175.jpg


秋田犬の我慢強さといじらしさに切なくなり
ゴルの優しさとけなげさに胸が詰まる
この子たちと一緒に暮らす事が出来て本当に幸せ
[PR]
by charinmaru | 2011-06-07 19:26

頑張れ リン! 

昨日の朝、リンが散歩中に具合が悪くなった
歩き方に元気がなく、ふらついて座り込む
口角からすーっとよだれが落ちるのを見て、リキが倒れた光景がフラッシュバックし血の気がひく思い
幸い朝の散歩はH君も一緒なので抱いて帰宅し、すぐさま病院へ・・・
ここ数日食欲が減退して、おとといあたりからはっはっと早い呼吸をしていた
お腹が痛い時にも呼吸が早くなるので、点滴に連れて行こうと思っていた矢先の出来事だった

検査の結果、血液を体に送り出すための心筋の力が弱っていて、酸素不足を起こしたのだろうとの事
スプレータイプの強心剤を口の中にしゅっとスプレーしてもらい、ニトロールなどの薬を処方してもらって帰ってきた
まだ梗塞というほど進んではいないが、油断はできないとの事だった
薬で血管を広げて血流を良くして酸素不足に対処する事になった
散歩は禁止。どうしても家で排泄が出来なければ、抱いたり車に乗せるなどして排泄ポイントに連れて行き、終わったらすぐさま家に帰る
興奮させたりしても発作の引き金になるので、番犬業務はもちろん禁止
この先もっと歳をとって心臓の機能がさらに弱ったら、酸素テントの使用も視野に入れなければならないそうだ
リンにとってまたしばらく安静の日々が必要になった

e0198839_18212149.jpg


リン・・・なんでリンはこんなに痛い思いや辛い思いばかりしなければいけないんだろうね
お兄ちゃんがリンに寿命を引き継いで逝ったんだから長生きしなくちゃいけないよ
リキが還ってくるから命を返そうなんて絶対思わないで
リキはリンとチャチャと、また一緒に生きたいと思って還ってくるんだよ

e0198839_18323120.jpg


リキの紫陽花が開花した
頑張れ リン!って言ってるように思えてしまう
 「待っててリン、もうすぐ還るよ。早く大きくなって、また僕がリンとチャチャを守ってあげる」
e0198839_1915234.jpg


e0198839_191719100.jpg

               「チャチャ、痩せたねー!ってお兄ちゃん言う?」
               「うん、うん、べっぴんさんになったって言うよ、きっと」

昨年夏から始めたダイエット。8キロダウンに成功した
体が軽くなり、関節の痛みもすっかり治った
月一回打っていた関節のための注射も先月で卒業!

e0198839_19242395.jpg

               目の光はあえて修正せずに載せました。とても力強く思えて。

我慢強くて頑張りやさんのリンだから、神様はきっと試練を与えるんだと思う
この子ならきっと克服出来るから、って
だから・・・頑張れ!リン!
[PR]
by charinmaru | 2011-06-03 19:37

秋田犬&ゴールデンレトリバーと暮らす四季折々


by charinmaru