<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

リキ ふたたび・・・

ご報告

e0198839_19112651.jpg


来月我が家に秋田犬のパピーがやってくる。
数年前からリキ、チャチャ、リンが「最初で最後の犬」と決めて暮らしてきた私達
葛藤しまくる私に対して、H君は揺るぎない信念を持ってこの一年を過ごしてきた
リキが旅立ったあの日から・・・

かつて若犬だったリキにH君は「お前な、逝く時はおかーちゃんに手間かけんとぽっくり逝けよ」
と言い聞かせていたものだった
リンがレプトスピラで入院した時には一番お金が無くて、次の集金日まで待ってくださいとバイクを担保に病院に置いていった私達(先生は快く承諾して下さり結局バイクはひきあげたけど)
そんな事を知ってか知らずか、リキは病気ひとつせずに育った
今ならどんな病いに罹っても安心して治療させてあげられるのに、リキは遠い日のH君の言葉を律儀に守り瀕死の体で車までの距離を自分で歩いて、私にまったく手間をかけさせなかった
そんなリキが別れの瞬間にH君が叫んだ「リキ!戻れ!戻ってくれ!」という言葉を守らないはずがない、とH君は言う

今年4月に入ってすぐに、H君は炬燵でうたた寝する自分に添い寝するリキの夢を見た
以来彼は毎日「リキ」を探し始めた
けれど空振りばかりで日が過ぎていく

やがてリキの命日が訪れ白い侘助が一輪季節はずれの花を咲かせた時、私達は一回忌の法要を営み
「無事の帰還を祈る」と書いた護摩木を納めてきた
そして侘助が地面にぽとりと落ちた日・・・4月21日にある犬舎から電話が入った
「白牡が生まれました」

e0198839_23124838.jpg

e0198839_23235477.jpg


5月22日 矢も盾もたまらず衝動的に一路群馬へ向かった
連休中は両親の具合が悪く京都から離れるわけにいかなかったので、病状が落ち着いたこの日慌ただしく新幹線に飛び乗る
しかしこの日は関東で秋田犬の展覧会が催されたらしい
母犬と子供がいる犬舎の人はお留守
それを知ったのは車中なのだから、本当に慌て者である
父犬だけでも会っておきたいと思い、東京駅で上越新幹線に乗り換える

e0198839_23404010.jpg

               パパのゲンちゃん。まだ1歳という若さ。母犬も初産だそう

e0198839_23442652.jpg

               祖父犬の「清峰」号

ここでちびの最新の写真を見せてもらう
e0198839_23495757.jpg


5匹生まれたうちの1匹は死産だったそうだ。白毛は1匹だけで、数日後また1匹が亡くなり3匹だけになってしまったそうだ
ちびは一番良く出るおっぱいを独占し、ぐんぐん大きくなって他の兄弟の倍近くに育った
当初生後2カ月までは手放さないと言っておられたが、群を抜いて大きいため
「6月10日ごろお手元にお届けできるがいかがでしょう」と打診をいただく
6月10日・・・まさしく10年前のその日、リキは我が家にやってきた!
そういう事だったのか。もう迷わない。と心に決めた

ちびの名は「力桜丸」
どうぞよろしくお願いします
[PR]
by charinmaru | 2011-05-29 00:10 | Trackback | Comments(12)

リキの紫陽花

GW中にチャチャとリン双方お腹がゆるくなり、病院へGO!
お薬を処方してもらい大事にいたる事は無く元気にGWを過ごす事ができた
その日診療助手をしてらっしゃる先生の奥様が
「リキちゃんの紫陽花はもう咲きましたか?」
と、尋ねて下さった

リキの紫陽花・・・

去年の暮に、リキがよく日向ぼっこしていた場所の横の花壇に植えた紫陽花
白い花を2株と青い花を1株
越冬の間まるで枯れ枝が土に突き刺さっているような姿だった
株を買って切り戻しをし、冬になってから地植えをしたものの、無事芽吹いてくれるかハラハラと見守っていた
地植えをした時に奥様にその事を話していたようだ
紫陽花はじっと春を待ち懸命に根を下ろして、3月にその枯れ枝から小さな芽をのぞかせた

花屋さんの店先に紫陽花が並ぶようになり、奥様はリキの紫陽花に思いを馳せて下さったのだろう
なんだか心がぽっと暖かくなった
病院ではスタッフの皆さんとよくリキの話をする
私から話しだす事もあれば、スタッフさんから「そういえばリキちゃん・・・」という事もある
しみじみとだったり、笑いながらだったり・・・

チャチャとリンのケアのついでに、ここでは私も心のケアをしていただいている

e0198839_22335719.jpg

           手前に白い紫陽花が2株と奥に大きめの青い紫陽花が1株
e0198839_2236532.jpg

           まだ緑色の小さなつぼみが出来ている

e0198839_22401250.jpg


リキ坊、 来月頃になるのかな?
「僕の紫陽花が咲いたよ!」って報告に行けるのは・・・
[PR]
by charinmaru | 2011-05-10 22:46 | Trackback | Comments(6)

ミニスカート

e0198839_16484476.jpg


ミニスカート&グラディエーターブーツサンダル 今夏これに挑戦する事にした
きっかけは義姉のT嬢(嬢ってことにしておこう)
ひと月ほど前の土曜の夜、義姉と甥っ子のY君とともにカラオケスナックへ繰り出した
待ち合わせの場に登場した義姉を見るなりH君は絶句した
「歳考えろやー。なんちゅう短いスカートはいとるねん」
義姉はフリフリのミニスカートにブーツといういでたちであった
「私は両極端やねん。ロングかミニ!中途半端はあかん」と義姉、きっぱり!

なるほど、思いきって足を放り出してしまったらスラリと見えるではないか
義姉は170センチ近い長身。なかなかいいじゃ~ん!
それ以来ミニスカートに映えるサンダルを探し始めた
私は159センチと義姉より背が低い分10センチヒールにしてみよう

折しもユニク○のゴールデンウィークバーゲン。最近はシューズまで取り扱っている
¥2,980-ならひっくり返って傷を付けてしまってもあきらめがつくではないか
試着してH君に見せたところ 「一緒に歩かんといてくれよ」とつれないお言葉
レギンスを合わせて露出範囲をカットする事で並んで歩くのがOKとなった

e0198839_1718023.jpg

          「ほんとに着るん?そんな短いの」

着ますよ、チャーちゃん、着ますとも!

e0198839_17201495.jpg

          「やめといた方がええよ~」

ミニの恥はかき捨て!颯爽と着てあっと言わせてあげるよー!

ちなみに義姉はすごい女傑である
カラオケスナックに行った日の前日、ごみの収集日だったそうな
古い認印をこれまた古いポーチに入れて燃えるごみに出したそうだ
出す方も出す方だが、なんとホームレス風のおじさんが収集場を漁ってポーチをふところへ入れようとしたらしい
ベランダからそれを発見した姉は脱兎のごとく駆けつけ「ちょっと、それ返して!」と迫った
するとおじさんは手を振り回して猛然と抵抗し始めた
もみあいになり、義姉「どついてしもてん」
義姉のパンチはストレートに決まり、おじさんの前歯を折った
ぺっ!と吐き出した前歯を握りしめ、おじさんは反撃に出た(前歯が折れたすきに印鑑は奪い返したそう)
今度は蹴りで応戦しているところに、騒ぎを聞きつけた息子のY君が駆けつけて来て事なきを得たそうだ
なんともはや豪快な義姉だけど、Y君がいる時間帯で良かった~~
事の顛末を酒のサカナに大盛り上がりのカラオケ大会になったのだった
[PR]
by charinmaru | 2011-05-04 17:49 | Trackback | Comments(6)

おかーちゃん、吠える!

昨日のお散歩時の出来事・・・

くるくる変わるお天気のおかげで、家から30分ほど歩いたところで大粒の雨に見舞われた
髪の毛からしずくが落ちるほどになり、バス亭に避難
山のふもとのバス亭ゆえ本数も少なく待ち時間も長いせいか、小屋のようになっている
中には「コ」の字型のベンチもあって、これは助かると休憩させてもらう事にした
チャチャとリンを持参のタオルできれいに拭くと、気持ちよさげに伏せして寛いでいる
近くの自販機で缶コーヒーを買い、私達夫婦もすっかりリラックス

20分ほど経ったころ、ひとりのオッサンが現れた
ほや~んとしているところに突然出現したおっさんに、チャチャがびっくりして「わおん!」と吠えた
つられてリンも「うおん!」
これこれ、と二人をなだめ、「すみません」と謝る
「びっくりしたがな!」と言うおっさんにまた「すみません」
雨も少しは小降りになったようなので、私達は小屋を出る事にした
なにやらまだぶつぶつ言ってるおっさんに軽く頭を下げて歩きだしたその時・・・

「でっかい犬連れやがって!」

何やとお~~!ブチ!ブチ!ブチ!瞬間で3段ギレしてしまった
チャチャとリンが吠えた事は謝ろう。不快な思いをさせた事にも頭を下げよう
でも・・・

「ちょっと、おっさん!でかい犬連れてたら悪いんかい!!」

右京で暮らしたあの頃以来、久々に吠えたぞぉ~~!

リキがいたなら私の「ブチ!」を耳ざとく聞いて「ウー!」と言っただろうか
リキよ、おかーちゃんは今だに「おとな」にはなれんみたい・・・許せ・・・

e0198839_21391721.jpg

          本日久しぶりの西京極運動公園 陸上競技場を眺めながらのんびり歩く
e0198839_2143152.jpg

               「お水、おいちい!」
e0198839_21451380.jpg

e0198839_21455666.jpg


リンの横顔を 「なんてべっぴんやねん!」と絶賛し、チャチャの後ろ姿に
  ♪ 真綿色した チャチャのケツほど 可愛いものはない~♪
と歌うH君。平和やわぁ~ 
[PR]
by charinmaru | 2011-05-02 21:50 | Trackback | Comments(10)

秋田犬&ゴールデンレトリバーと暮らす四季折々


by charinmaru