<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

お礼参り

e0198839_18444448.jpg

               京都府 八幡市 石清水八幡宮

H君の厄年をお守りしていただいた神社
後厄の時に車で用水路にダイブするという事故を起こしたものの、傷ひとつ無く生還(車はスクラップに)
厄除けのお札とお守りを返しに行ってきた
リキがH君の厄をすべて持っていってくれたのではないか・・・そんな気がする
リキが逝ってから、H君が一年間身に付けた「般若心経」が刻まれた白檀のブレスレット
これもリキへのお礼を込めて共に納めてきた

e0198839_1962568.jpg

               どれくらいの樹齢なのか、他の木より郡をぬいて大きい

久々のお天気だったので、チャチャとリンも一緒に
e0198839_19124624.jpg

e0198839_1913799.jpg


おまけの一枚、カラスさん
e0198839_19171258.jpg


チャチャはどういうわけかカラスを見ると「ウー」と怒る
鳩やすずめには何にも言わないのに、なんで?
カラスはなかなかの知恵者だから、そのうちに頭つつかれるんじゃないかと余計な心配をしている
[PR]
by charinmaru | 2011-04-30 19:21

リキ 地球年齢10歳!

e0198839_18141284.jpg

e0198839_18143664.jpg

               えっ!僕?

そう!10歳のお誕生日。ただし、地球年齢の。
お空ではまだ1歳のひよっこちゃんですよ

今日同じくお誕生日を迎えたわんこがいる
ブログを通じてお友達になった「サコリン」さんちの「大五郎」くん
12歳 おめでとう!!
リキとは同じ血統で同じ誕生日。不思議なご縁を感じてしまう
被毛の色さえ違えど表情も雰囲気もそっくりで、
サコリンさんのブログ「いつも一緒。ずっと一緒。」におじゃましては、大ちゃんの姿に癒されている
リキの11歳、12歳を大ちゃんに重ねて見てしまう私・・・
ずっと元気でう~んと長生きしてね

リキが「ちょーだい!」とねだっては、甘いためにかけらしかもらえなかったメロンパン
今日は丸々一個ででーんと供えておいた

e0198839_1831224.jpg

               「どーせくれないんでしょっ」
e0198839_18315870.jpg

               「ふ~んだ!」

あとでちょっとだけね!
[PR]
by charinmaru | 2011-04-27 18:33

天気雨

不安定なお天気が続いている
晴れたかと思えば瞬く間にどしゃ降りになり、カミナリまで鳴るしまつ
今日仕事中にクルマを走らせていたら、キョーレツな日差しにサンバイザーを下げて、なのにワイパーを動かしているという不思議な事をしていた

こういうのを「天気雨」と言うの?
ユーミンの歌で知った言葉・・・

リキの事を書き終えて、なんだか「燃え尽き感」を感じてぼーっと過ごしていた
娘たちの写真の整理も滞りがち
いけない、いけない。この子達の「今」もちゃんと記してあげたい

4月17日 日曜日
e0198839_22372966.jpg

               リン、走る、走る!!

まだ午前中の早い時間は人影もまばらで、少しの時間だけど思いっきり走らせてあげる事ができた
一時期は歩くのもおぼつかず台車に乗ってお散歩していたのだから、この走りはもう奇跡のよう

e0198839_22432810.jpg

               チャチャも走る、ドスドスと(笑)

e0198839_2246858.jpg

               ゴールはH君のところだね!

運動の後はのんびり歩いて公園で休憩
e0198839_22533080.jpg

e0198839_22535390.jpg


みんな喉が渇いたので、H君が自販機までジュースとミネラルウォーターを調達しに行ってくれた
e0198839_22553236.jpg

               「どこに行くの?」と不安げなおふたりさん
e0198839_22571180.jpg

               「あっ、帰ってきた!」
e0198839_2313534.jpg

               「お帰りー!!」

こんなに全身で喜ばれたら、H君の目尻は下がりっぱなしになるよ

お昼頃までたっぷり遊んで、帰宅後全員でお昼寝をしたのだった
[PR]
by charinmaru | 2011-04-25 23:08
e0198839_0182094.jpg


リキが逝き一年の時が過ぎた

毎日見ている風景がいきなり色を失ったようだったあの日
病院からの帰り道、リキが愛した桂川や天神川の散歩道を廻り、かつて暮らした右京の街を廻り、最後に伏見稲荷大社の参道に車を止めて、リキの旅をお山の神様に託した

山に入るといつもリキは山の声にじっと耳を傾け、しばらくの間こうして佇んでいたものだった
そんな時のリキの表情はとても穏やかで、私はその顔を見つめながら一緒にじっと佇んでいた

お山の神様・・・どうしてこんなに早くリキを呼ばれたのでしょう・・・
感情がフリーズしたまま食事も忘れ時間の概念も忘れたような数日ののち、
リキがいつも寝そべっていた場所にうずくまって泣き、リキのベッドに突っ伏して泣き、
小さな箱に収まってしまった体を抱いて泣いた
「リキちゃんはもうこんなにおかーちゃんを泣かしてどうすんの・・・」

けれど、前に進む一歩を導いてくれたのは、やっぱりリキだった

e0198839_1135059.jpg


初七日の日、H君と私はブレスレットをオーダーした
家族全員の誕生石と、旅の安全や鎮魂、心の浄化をつかさどる石を配してもらった
お風呂に入る時も仕事の時もずっと手首につけていたせいか、ひと月ほど経ったある日H君のブレスレットの糸がなにかの拍子に切れてしまったのだった
幸い家のリビングだったので拾い集める事が出来たものの、全部は揃わない
冷蔵庫の下やちょっとした隙間に転がって行ったものもあるだろう
翌日拾い集められた石に足りないものを加えて、ふたたび同じものを作ってもらった

四十九日は6月5日。これも因縁を感じてしまうが、私の誕生日でもあった
いつものように掃除機をかけていた時だった
パソコン机の下あたりから小さな石が転がり出てきた
あれからしばらく経っているのに、毎日掃除もしているのに、どうして今頃?と思い手に取ってみて驚いた
それはリキの誕生石「カーネリアン」だった
目の前に一瞬ふわりと白い身体が舞ったように感じた
リビングの床に涙がボトボトと落ちた
・・・おかーちゃん、僕ここにいるよ。ずっと一緒にいるよ・・・

チャチャやリンの前でもう泣くまい、と思った
どんなに悲しくても泣いたり叫んだり出来ないあの子たち
自分の体を苛むほど苦しんでいるのに、私の泣く姿でまた悲しませてしまう

あれからもリキから色んなサプライズとメッセージを受け取っている
「かたち」は失われても、ずっとそばにいるよ。と・・・

e0198839_2101017.jpg

e0198839_2103897.jpg


もう新芽が出揃って新しい枝を伸ばし始めた侘助に、昨日一輪だけぽつりと季節外れの白い花が咲いた

リキ、ありがとう。おかーちゃんはちゃんと前を向いて歩いてるよ
H君はね、リキが咲かせてくれた花の前で長いこと日付が変わるまで座ってたよ
ふたりでどんな話をしていたの?

9月からリキとの9年を綴ってきた「力皇丸物語」
たくさんの人が読んで下さり、リキと出会って愛して下さり、本当にありがとうございました
また折に触れ書ききれなかったリキをブログに残したいと思います
その時には思い出話にお付き合い下されば嬉しいです
[PR]
by charinmaru | 2011-04-18 02:44

移ろいゆく季節

人通りの少ない午前10時頃、陽だまりに寝そべってうとうとするリン
e0198839_1015061.jpg

うしろ姿が可愛らしくて思わずカメラを向けると・・・
e0198839_1016793.jpg

          「今、リンのこと内緒で撮ったでしょ!」
カメラが苦手なリンに睨まれる・・・

e0198839_10184070.jpg

          「いつでもモデルになってあげるよ!」  ありがとね!

最近は陽がぐっと長くなり、ゆうがた6時頃でもフラッシュいらずだ
e0198839_10232327.jpg

仲良く並んで同じところをクンクンするおふたりさん
とても気になる子の匂いらしく、長いことこの場を離れない
その間にまわりのお家に咲いた色とりどりのお花を撮らせていただいた
e0198839_1029089.jpg

桜ほどの大きさの花びら。これも桜の一種だろうか。鮮やかなピンクがとてもキレイ
e0198839_103047100.jpg

e0198839_10311051.jpg

皆さんよくお花のお手入れされているなと感心しつつ、美しい花を堪能させていただいた
e0198839_10341652.jpg

夕焼けを背に帰途につく。今日もたくさん歩いたね!

More力皇丸物語
[PR]
by charinmaru | 2011-04-15 10:41

桜咲く

4月8日金曜日、雨。仕事が早くきり上がった日どうしても行きたいところがあった
右京区天神川の遊歩道
四条通りから五条通りまで、桜の花のトンネルが出来る
e0198839_13551484.jpg

e0198839_13563293.jpg

e0198839_13574079.jpg

ここは地元の人々の隠れた穴場的な名所だったけど、数年前に雑誌に紹介されてから花見客がとても多くなった
普段は近くの小学校の通学路であり、わんこの散歩道であり、所々に設置されたベンチはお年寄りの休憩場所でもある
今まさに満開を迎えているが、雨降りの今日なら人出は少ないはず・・・
予想は見事に当たって、遊歩道をぶらりと歩いたあと、高辻通りに架かる橋の上から長い事天神川をながめていた
e0198839_14104889.jpg

かつて毎日のようにこの遊歩道を歩き、西京極運動公園までお散歩したものだった
リキが先頭をがしっがしっという風に力強く歩き、半身あとをチャチャがトコトコと、リンがぴょんぴょんと跳ねるように歩いて行く
夏になるとここはアスファルトの道よりも、気温が数度低くてとても心地いい
e0198839_14195584.jpg

e0198839_14212213.jpg

e0198839_14214123.jpg

若くてやんちゃだった頃の彼らの顔が浮かんでくる
鼻のあたまに桜の花びらをくっつけて、困ったような表情で私を見上げるリキの顔が満開の桜に重なった
e0198839_1428997.jpg


More力皇丸物語
[PR]
by charinmaru | 2011-04-11 16:12

宇治ぶらり歩き

3月27日、動物霊園で春の彼岸供養会が行われた
今回はチャチャとリンも伴って出かけ、読経の間車の中で待っていてもらった
いつも思う事だけど、亡き家族を偲ぶ人のなんと多いことだろう
10時半から4時までの供養会の間ひっきりなしに人が訪れ、私達が着いたお昼頃にはもう9回目の読経が行われていた
お坊さんと一緒に「南無阿弥陀仏」を10回唱える
額、両眉、両目、両耳、鼻(穴がふたつ)、口
10回唱えながら故人の顔を思い描くのだそうだ
そしてその面影をいつまでも忘れずにいること、それが供養なのだそうだ
忘れる事など出来るはずもない愛しい顔・・・
「リキ、お山の神様の言うことを良く聞いて、いい子にしてる?」

チャチャとリンは車の中でおとなしく待っていてくれた
一緒に「なむ」してくれたかな?
さあ、宇治ぶらり歩きをしようか
e0198839_9543058.jpg

e0198839_9553218.jpg

e0198839_9563051.jpg

e0198839_9571314.jpg

鵜飼に使われる鵜の飼育小屋。小屋には鵜匠のネームプレートが掛かっている
この鵜を操る鵜匠はなんと女性だった
リンは興味津々で小屋を覗きこみ、チャチャはへっぴり腰で後ずさり(笑)
e0198839_104108.jpg

e0198839_1043791.jpg

e0198839_1045758.jpg

ゆったりした宇治川の流れをしばらく眺めたあと、茶店の店先でたこ焼きを頬張り帰宅した

余談。 グリーンジャンボ宝くじを買って、リキの隣に供えていた私達
H君は「リキ、お前のパワーでひとつデッカイの頼むわ」と手を合わせていた
私の母が甲状腺機能の低下で体の具合を悪くし、病院の付き添いやら家事の手伝いやらでバタバタし、宝くじの事はすっかり忘れてしまっていた
母が回復に向かい、はっと思いだして売り場へ交換に・・・
ディスプレイされた数字を見て思わず笑ってしまった
3,900ー
「サンキューってか、リキ」
H君は「おまえ~ナメとんのか」と言いながらも「ま、あいつらしいわ」と大笑いしていた

More力皇丸物語
[PR]
by charinmaru | 2011-04-09 10:11

秋田犬&ゴールデンレトリバーと暮らす四季折々


by charinmaru