<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

レプトスピラの恐ろしさ

e0198839_12384921.jpg


先週に続き昨日の日曜日もまた病院へ
リンのお腹の具合があまり良くない
秋田犬はお腹の弱い子が多いようで、数か月前に散歩の途中偶然お会いした秋田犬の飼い主さんも、フードのことで色々尋ねてこられた
初めて秋田犬を迎えられたそうで虎毛の男の子だそうだが、よく下痢をするのだそうだ
うちの食事内容をお話させてもらった
リキもしばしばお腹がゆるくなったが元来頑丈な子で、お腹が気持ち悪い時は自分から「いらない」と食器を突き返しご飯を抜いた。翌日にはたいがい便は普通にもどっていたものだった
リンの場合は慢性肝炎もあり、内臓の機能が弱い
リキのように胃腸を休ませれば治る事もあるが、これは稀でこじらせるとやっかいな事になる
大腸炎にまで進んでしまうと、点滴、服薬、場合によっては入院。
今年の春リキを喪った痛手から大腸炎を起こし、痛いから食べない → 衰弱 → 治癒しにくい、と悪循環になってしまって、通院と入院を繰り返した
それ以来、便がゆるめで処理した時に地面についてしまう状態になると、すぐに病院へつれて行く

リンの内臓機能が弱いのは、パピーのころレプトスピラに感染した事が大きく影響しているようだ
ワクチン接種はもちろんしていたが(7種なのでレプトスピラも含まれている)抗体はできていなかったようだ
レプトスピラ菌には様々な種類があり、ワクチン接種しても菌の種類が違っていれば効果は無い
しかもワクチンの効果の持続は3カ月から長くても半年がせいぜいだそうだ
このレプトスピラのやっかいなところは動物ならみんな感染する可能性があるという事
人間も例外ではないが、人間の場合は重篤な症状にまで陥る事は少ないそうだ
身近な動物といえばやはり「ねずみ」
レプトスピラ菌を持っているねずみの尿がなんらかで口に入るか、もしくは肉球などに傷がありそこから侵入して感染する。菌の種類によっては気付かないうちに自然治癒する事もあるようだ
尿により土中に放出されたレプトスピラ菌はなんと半年あまり生きているというではないか!

リンの場合は悪いタイミングが重なってしまったのだろう
よりにもよって肝臓が大きなダメージを受けるワイル型
これは死亡率が60%~70%という最悪なレプトスピラ菌
2002年の夏が終わりかけたころだった
この夏再々渓谷へ遊びに行っていたから感染はここだろうと思ったが、十日前後の潜伏期間を考えると前の週には行っておらず、どうもここではないようだった
こうなるともうさっぱり見当がつかない。極端な話、住宅地にもねずみはいるのだ

夕食を残し元気がないと思っていたら、翌朝の散歩の途中で歩くのもしんどそうになってしまい、あわてて病院へ連れて行った。発症だった。
もう診察台の上でも立っている事が出来ないほどぐったりして、今夜がヤマだと言われてしまう
その上、リキやチャチャもリンの尿に触れているだろうから当然感染の可能性があり、今日にでも発症する恐れがあるわけだ。観察してケアしなければならない
その夜先生にリンを託して家じゅうを掃除し消毒しながら、私はもう泣くしかなかった
その日の深夜に病院の建物の裏の入院室の下あたりで、全員でリンの無事を祈った
先生はリンの隣で寝袋にくるまりながら一晩中治療をして添い寝して下さり、翌朝リンは峠を越え生還してくれた
18キロまで育っていた体重が13キロになるほどのキツイ闘病だった
幸いリキとチャチャは感染しておらず胸をなでおろしたものの、翌日から私は消毒液を自転車に積んで走った。
リンが排泄した場所を思いつく限り廻って、消毒液を撒きに出かけた
e0198839_13455111.jpg

            レプトスピラから生還し元気になった頃のリン

この事は今も大きな負い目となっている。育ち盛りのパピーが食欲を失くし元気を失くした時点で病院へ行っていたなら、ここまで肝臓のダメージは残らなかったのでは、と思う
早ければ早いほど生還と治癒の可能性は高い。一晩様子を見て、と思った事を本当に後悔している

レプトスピラ菌と懸命に闘ってくれたリンの肝臓は、今慢性肝炎と闘っている
犬の顔色というのは歯茎で見ると教わった
ふだんはきれいなピンクだが、黄疸が出ていると黄色くなり(白目の部分も)貧血の時は白っぽい。
人間は痛みで青ざめたりするが、犬も痛みが強い時は貧血と同様歯茎が白っぽくなっている
熱中症気味の時は赤みが濃い
私はそれ以来しょっちゅう目と歯茎をチェックするようになっている
レプトスピラの感染はそうそう起こるものではないけれど、これに限らず大型犬が「全く食べたがらない」という時は、もうかなり具合が悪い時だそうだ

この記事を読んで下さった方がこの教訓を参考にして下されば嬉しいと思う
e0198839_13375050.jpg

        点滴のあと桂川河川敷を少し歩いてみた。早い処置だったのでひどくならずに
        済んで良かったね!大好きな場所で気分転換しようね
e0198839_1354203.jpg

e0198839_13435223.jpg

        チャチャはいつもリンに付き添い、点滴の間もじっとおとなしく待っている。
        「いつもありがとね!」

More力皇丸物語
[PR]
by charinmaru | 2010-11-29 13:55

晩秋の伏見稲荷大社

仕事で伏見へ走る途中稲荷大社に寄り道してみた
平日なのでゆっくりお参り出来るかと思いきや・・・
この人の多さは何ざんしょ~?

ここは「商売繁盛」の神様。不景気な時ほどお参りする人は多いんだろうな
e0198839_17544794.jpg

              稲荷大社のシンボル「きつね」と 表参道の大鳥居

e0198839_1756935.jpge0198839_1851113.jpg

e0198839_1873615.jpg


e0198839_1884519.jpg

          千本鳥居 これが連々と山頂まで続いている。夕暮れ時の千本鳥居は
          とても幻想的だけど、きつねに化かされそうでちょっと怖い
e0198839_18183430.jpg

          ここのところ朝の冷え込みがきつく、紅葉狩りのシーズン到来
          それでもまだ全体は色づいていない
e0198839_1822505.jpg
e0198839_18235477.jpg
e0198839_18255155.jpg

          2007年夏 本殿前でのワンズ 賽銭箱の前に陣取っている

シーズンオフのひと気がない千本鳥居の中を歩いていると、なにか異次元の世界に迷い込んだよう
その赤いトンネルを抜けたとたん、現世に戻った気になる夢空間だ
子供のころ二股に分かれた鳥居で幼なじみとよくかけっこをした
トンネルは並行していて同じ場所にたどりつくので必ず会えるのだが、途中でふっとかき消えてしまいそうな気がして、走りながらとても心細い気分になったものだった
ふたたび顔を合わせて安心してにっこり笑い合う
大鳥居をくぐって家路につく時には、今でも不思議な体験をしたような気になるパワースポット
私は時々一人でここを訪れている

お山の神様、リキはいい子にしていますか?



         

More力皇丸物語
[PR]
by charinmaru | 2010-11-26 18:27
フィラリアの薬今シーズン最終分をもらいに病院へ
ついでに健康診断をしてもらった
血液、尿検査、超音波、触診。結果は異常なし!
チャチャは順調にダイエットが出来て2カ月で2200グラムマイナス(嬉)
チャチャは大柄な子なので今まで35キロがベスト体重だったが、シニアでもあるし心臓や足の関節への負担を考え、32キロをめざしてさらに頑張ることになった
リンも肝臓の数値が正常値まであとわずか、というところまでになっていた
1週間ほど前に患った目の結膜炎も完治で、良かった良かった~!!

病院の後は必ずどこかに立ち寄るのがお約束になっている
ぽかぽかの小春日和・・・「稲荷山へGO!]

ところが・・・今日は車の量がすごく多い!
それもそのはず、観光シーズンに突入の京都で飛び石連休。他府県ナンバーや観光バス、タクシーがやたらと多いのだ
稲荷大社の駐車場もパンク状態になっていたので、お隣の「七面山」へ・・・
ここは、いわゆる 穴場
駐車場はガラ空きだし、稲荷大社の本殿前までの抜け道がある
あまりの人の多さに今回稲荷山はあきらめて、七面山で遊ぶことにした
e0198839_1794789.jpg

          七面山より臨む稲荷山 紅葉がかなり進んできた
e0198839_17153289.jpg

          「絶景かな絶景かなー!稲荷山の向こう側にリンのお家があるんだよ」
e0198839_17225815.jpg

          「早く早くぅー!もうバテてんの?」
e0198839_17302213.jpge0198839_17305956.jpg
e0198839_17415825.jpg

e0198839_1742353.jpg

e0198839_17434963.jpg

          楽しかったね!そろそろおうちに帰ろうか

More力皇丸物語
[PR]
by charinmaru | 2010-11-21 18:32

深まりゆく秋

e0198839_1656596.jpg

e0198839_1764289.jpge0198839_177159.jpg
伏見 日野 親鸞聖人誕生院

日曜日ロングコースの散歩途中で境内を覗いてみた
まだ紅葉は3分といったところ
今年はいつまでも夏が終わらなかったから、木々が本格的に色づくのは12月に入ってからかもしれない
e0198839_10122172.jpg
e0198839_10143923.jpg


我が家はこんなに近くに山を見る事ができて、季節ごとに表情を変える山の姿に癒されている
春には桜の花で所々薄桃色になり、夏には目に痛いほどの緑
秋には山が赤く燃え、冬には山頂が雪化粧をする。
こちらに来た当初はたいくつで仕方なかったけど、四季をすごしてこの地が好きになった

日野のお山のふもとに住んでいる白秋田の女の子「小雪」ちゃん
e0198839_10304996.jpg

小雪ちゃんの姿を見るとまだ胸が詰まってしまうのだけど、この白い姿が見たくてやっぱり来てしまう

e0198839_10405984.jpge0198839_10415317.jpg
「もう少し寒くなったら伏見稲荷のお山に行こうね!」

More力皇丸物語
[PR]
by charinmaru | 2010-11-14 17:21

リキと語り合う人々

夫のH君には姉と弟がいる
その義姉と先日お互いの時間が合う時があり、ランチをともにした
義姉はシングルマザーで今年高校生になった16歳の息子Y君がいる
どうやら最近Y君にガールフレンドが出来たもよう
義姉はあまり干渉しないタイプだしカラカラ笑いながら話していたが、私のほうが気になってしまい、「可愛いの?」「家どのへん?」等と、聞いていったいどないするねん!というような事を尋ねたのだった。

Y君が小学3年生の時、義姉は過労から身体を壊して入院した事がある
その時Y君はうちで寝起きしていた
短い期間ではあったけど、まだ10歳に満たない子供にはさぞかし寂しかった事だろうと思う
でもそんな素振りは露とも見せず、それがとてもいじらしくて仕方なかった

一緒に宿題をしたり散歩に行ったりビデオを見たり。そのうち眠くなってくると、Y君は横になっているリキの背中に抱きつくようにして眠ってしまう
当時リキは2歳になるかならないかのやんちゃ盛りで、散歩の時に子供に声をかけられても「先を急ぎますんでごめんなすって」と愛想のかけらも無かったが、このY君にはなぜかとても優しかった
まるでお守をするように遊ぶので夫はいつもY君の事を「リキの子分」と言っている(今も)
リキはY君が眠るまでじっとしていて息遣いで眠ったのが解るのだろう、むくっと顔を起こして私達の方を見る。「寝たよ。もうぼく寝床に行っていい?」
そしてトコトコと自分の好きな場所に引き上げ、H君がY君を布団に寝かせる

Y君は眠りにつくまでの時間、リキの背中に何を語りかけていたのだろうか
リキはY君の寂しさをその背中で感じ取っていたような気がしてならない

e0198839_23545434.jpg
e0198839_23553693.jpg


Y君はいつも我が家にくる時「リキに会いたい」と義姉にせがんでやってくる
小学校を卒業する頃まで、彼はそうしてよく遊びに来たり泊まりに来たりしていた
やがて中学生になり自分の世界が広がっていき、私達夫婦もお正月位しか彼の顔を見る事が無くなる
そして今年のお正月久しぶりにY君は我が家を訪れた
背丈は私どころかもうH君すら凌いでいる。チャチャとリンは彼が解らず吠えてしまったが、リキは数年前と何ら変わりなく「小僧、大きぃなったなあ」とじっと顔を見上げ、「まあゆっくりして行け」と後は知らん顔。正月の事ゆえキッチンでバタバタ動きふと気付くと、Y君が寝そべっているリキの横にちんまりと座り込んでいた。ふたりの間に流れる空気は数年前と全く変わらなかった

リキとの別れの日、Y君はいつもそうだったように黙りこくったまま、ただリキの横に座ってじっとリキの顔を見つめていた。小一時間もそうしていただろうか、彼の手がすっと伸びてリキの額に置かれた。そしてYくんは「帰ります」と立ちあがった

Y君とリキはいつも無言のまま何を語り合っていたのだろう
彼が大人になった時聞いてみたい気もするが、おそらく私は尋ねる事はないだろう

e0198839_22183164.jpg


H君は毎朝仕事に出かける前に線香に火を点け、しばしリキの写真に見入っている
ここにもリキと無言で語り合う人がいる。そして私もまた同じ。

それぞれの中にそれぞれのリキがいる
どんな事を語り合っているのか、それもまたそれぞれの胸の奥にしまわれている

More力皇丸物語
[PR]
by charinmaru | 2010-11-10 21:50

いつまでも元気でいて

このところ11月とはとても思えない陽気
日曜日に近くの小さな川の傍を歩いていたら川へ降りる階段があり、
狭いながらも河原にはベンチも設置してあって、公園のように整備されている
水かさは少ないけど、小さな魚が泳いでいて水はキレイそう・・・
「遊んじゃおうか?」
e0198839_1752527.jpg

               「イェーイ!!」
e0198839_17553060.jpg

                久しぶりのお水遊びに大張りきり

リンもお水遊びは大好きだけど、ここに来る前に見つけた空き地で疾走してお疲れモード
e0198839_1834234.jpg

腰の調子が悪い時は歩くのも嫌がる程だからハラハラして見ていたけど、リンは自分の体をよく知っていて決して無理をしない。少し走ったらちゃんと休憩して自分でセーブしている
e0198839_18164352.jpg


とめどが無いのがこのお方
e0198839_18181270.jpg

おん歳9歳。人間にたとえたなら70歳近い?果てしなく遊びそうなので強制終了!

帰宅後2週続きのシャンプーとなった。
こうして走ったり水遊びしたりの姿を見ていると若い時と変わらぬ無邪気さだけど、寝ている時の顔を見ては「あぁ、歳とったなぁ」と思う
私も同様だけど(笑)顔の張りがゆるんできてタレ目さんになっている
チャチャの笑った目元が五木ひろしに似てきたような?

実家の両親を見ても同じ事を思う
父は3年前に自宅で椅子に腰かけようとして椅子ごとひっくり返り、頸椎を痛めて6時間に及ぶ手術を受けた。懸命のリハビリで歩けるようになった頃、今度は脳梗塞を起こした
頑張りやさんの父は再びリハビリに励み、最近では身の回りの事はなんとか自分で出来るまでに回復してくれた。母は外反母趾の為に足が弱くよくころんで怪我をする
近くに引越してきた事で色々な手助けが出来ると思っていたけど、実際には仕事の行き帰りに病院や買い物の付き添いをする位しか出来ていない。
それでも以前より顔を見る機会が増えた事だけで十分嬉しいと言ってくれる両親
顔を見るだけで元気が出てくるよ、と笑ってくれる
私がどんな状態にある時でも無条件に愛し、信じ、受け入れてくれるかけがえの無い存在
それが無償の愛情というものなら、わんこもまさにそうだなと思う

歳とったなぁ、と思うたびに切なくてしかたがない
どうかいつまでも元気でいて!
私はまだまだ、あなた達からもらった思いに報いていない。

More力皇丸物語
[PR]
by charinmaru | 2010-11-08 18:53
e0198839_1133266.jpg

かれこれもう15年近く前の話になるけれど、かつて独身貴族?だった頃の事
私は社交ダンス教室に通っていた
映画「シャルウィダンス?」を見て草刈民代さんの優雅なダンスに魅せられた。それと前後してウッチャン、ナンチャンがTV番組内で「芸能人社交ダンスクラブ」というのをやっていて、一時社交ダンスはちょっとしたブームになっていた。要するにミーハーなのだ。
類は友を呼ぶという言葉の通り、一緒に映画を見た友達に加え総勢5人でダンスを習おうという事になった。
5人なら団体レッスンではなく、その5人と先生とのグループレッスンが組める
私達はワルツやタンゴというモダンダンスではなく、サンバやルンバというラテンダンスを希望した
いつかリオのカーニバルに行ってみんなでサンバを踊ろう!と、意気込みだけはすごかった

基本ステップをマスターすると教室だけではあきたらなくなり、やがて全員で祇園のサパークラブに繰り出すようになって、ダンスが目的なのか飲み会なのか解らなくなってゆく。
あげくホストクラブにも顔を出してお金が続かなくなり一年ちょっとで辞めてしまった。
思いだすと自己嫌悪を感じてしまうけど、ダンスは本当に楽しかった

5人の中の一人はその後ダンス教室でレッスンを受け持つほどの腕前になり、私は時々彼女から個人的に手ほどきを受けたりしていたものだ
ラテンダンスの中でもとても好きな「チャチャチャ」
チャチャの名前はこのダンスから引用したもの
未練たらしく持っているシルバーのダンスシューズを履いて、狭いダイニングのフローリングでチャチャチャのステップを踏むと、チャチャは楽しそうに付き合ってくれる
ぴょんぴょん飛び跳ねながらしっぽをぶんぶん振り回して一緒に踊ってくれるのだ
引っ越して遠くなったのを言い訳にしまい込んでいたダンスシューズ
これでもう一度レッスン場の床を踏んでみようかな。

e0198839_12423148.jpg
自宅近くの茶畑
宇治という土地柄あちこちで茶畑を見かける
地元の和洋菓子にもお茶を使ったものがたくさん
抹茶や最近ではほうじ茶クリームなんてのもある
新茶の時期には茶摘みアルバイトの募集チラシが新聞に折り込まれる
e0198839_12504980.jpg

          「お茶の匂いする?」
          「う~ん、するような、しないような」 どっちやねん!
e0198839_1256261.jpg

           H君が 鉄腕アトムみたい というリンの後ろ姿
e0198839_1259326.jpg

          「リンちゃん女の子やからウランちゃんですよ~」そやね~。チャーちゃん!
脳天気なおとーちゃんとおかーちゃん
e0198839_13433449.jpg
e0198839_1344833.jpg

More力皇丸物語
[PR]
by charinmaru | 2010-11-04 14:59

西京極運動公園

動物病院へフィラリアなどの薬を頂きに行き、ちょっと足を延ばして西京極運動公園へ
ここは二年半前まで住んでいた所からほど近く、週の半分はお散歩に通った場所
e0198839_16464919.jpg

京都サンガのホームグランド(って言うのかな?サッカーは詳しくない)であり、
試合がある時は応援の太鼓の音や歌声や歓声が、当時住んでいたマンションにまで届いた
e0198839_16473957.jpg

野球場や陸上競技場その他様々な運動施設があって、市民ランナーやウォーカーがたくさん毎日汗を流しに来たり、小さな子供をベビーカーに乗せたお母さんたちの集いの場であったり。
わんこの社交場でもあり、人々の憩いの場であったりもする。
e0198839_16497100.jpg

e0198839_16492381.jpg


当時の住まいからまっすぐ南下すると10分かからない距離で、途中、金メダリスト野口みずきさんが所属されている「シスメックス」の事務所がある。
陸上競技場でトレーニングしてらっしゃる姿や、そこに向かって歩いてらっしゃる姿をよくお見かけした
本当に華奢で小柄で可愛らしい方だ
この小さな体のどこに40キロ余りの距離を駆け抜けるパワーがあるのだろう
いつもその颯爽とした姿に元気をいただいていた
またあの独特のフォームでフルマラソンを走られる姿が見たいと思う
e0198839_16512121.jpg


ここは毎年1月に行われる全国女子駅伝のスタート、ゴールの場所でもある
e0198839_1652838.jpg

競技の開催日には西大路通りが五条~北大路まで横断禁止になる
付近の住民にとっては少し不便な場合もあるが、通りに出て応援するのが楽しい
一度まだ子供だったリキを連れて見に行ったことがあるが、リキが喜んで走り出し、見物の人垣のうしろをランナーに伴走するように走ったけれど、すぐに息が続かなくなった
そのスピードたるや私の全力疾走と変わらない。いや、もっと速いかも?

それまであまり興味が無かったのに、この地に住んで以来毎年駅伝を楽しみに待つようになった
中学生から社会人まで様々な年齢のランナーが参加し、毎年様々なドラマが生まれる
昨年からTV中継での鑑賞となったけれど、厳寒の京都の街を疾走するランナー達の姿を今から心待ちにしている
e0198839_172247.jpg

               「なんか知ってるお友達の匂いがするよ」
               「これ、OOちゃんじゃない?」

More力皇丸物語
[PR]
by charinmaru | 2010-11-01 12:42

秋田犬&ゴールデンレトリバーと暮らす四季折々


by charinmaru