夏が往く

季節はもう晩夏
なのに京都は今日も35℃という酷暑に見舞われています

お盆休みの間じゅう雨続きで、結局最終日の17日に翌日からの英気を養うため焼肉を食べに出かけただけの、完全なおうち連休
ま、お天気が良かったとしても、この暑さではわんこ連れのお出かけはとても無理ですが・・・

仕事場へ行く途中、連続して三つの橋を渡ります
まず鴨川、次に天神川、最後に桂川
e0198839_15235110.jpg

e0198839_15234678.jpg

e0198839_15241522.jpg


車窓からの携帯画像なのでちょっと解かりにくいですが、鴨川と天神川の水の色はごく普通です
なのに桂川だけは茶色く濁った泥水の色をしていて、水かさも多いのです

17日、京北の福知山が大変な水害に見舞われました
道路が川のようになり、住宅浸水、田畑の水没、二年連続の水害に町は大きな打撃を受けています
京北から流れてくる桂川の、今なお泥水のような流れを見て、その水害のひどさをまざまざと感じさせられました
現地へ行く時間もなく、募金箱にお金を入れることくらいしか出来ませんが、避難されている方々のご無事と一日も早い府の対応、復興を心よりお祈りいたします

これから秋にかけて、まだまだ台風がやってくる事でしょう
その進路によって被害を被る地域も違ってくるでしょうが、皆様がどうかご無事で過ごされますように・・・

16日には降り続く雨の中大文字に火が点され、五山の送り火が滞りなく催されました
点火の直前まで火床をシートで覆って濡れないように工夫されたとか
お盆で家族の元へ帰ってきた精霊たちが迷わず彼岸へ戻れるよう、五山の送り火は中止されることがないそうなんです

我が家ではリキが逝って以来、毎年13日に迎え火を焚き、16日に大文字の点火と同時に送り火を焚いていましたが、今年はお花とお菓子を供え、お線香に火を点けるだけにしました
彼らがお盆だけではなくしょっちゅう帰って来ている、という思いがあるのです

食事の支度をしていると、わんこ達はめいめい「今日はここで食べよう」という場所に伏せて待っています
それぞれの間に少し距離を取って、ゆっくり落ち着いて食べられるように散っていくのです
まずはチャチャ、次にりき、と食器を持って行くと、
「あれ?りき、どこ行ったん?」
H父が「さっきからここで待ってるで?」
という事がよくあります
キッチンに向かって用意していても、目の端にみんなのいる場所を捉えているつもりなのに・・・
「確かにここにいたと思ってんけど・・・」
「おっさん(リキのあだ名です)ちゃうか?」
「ああ、そっか!今日は戻ってるんやな」
気配というか空気というか、そういうものをふっと感じる瞬間があるのです
H父もそうらしく、「ゆうべ、誰か来とったなあ・・あれはリンやな」と言う事があります

いつでも来たい時に来たらいい・・・
わざわざ送り火を焚いて送り返さなくてもいい・・・
今はそんな気持ちになりました

今日はシーツや肌掛けなどの大物洗いができました
洗濯物を干していると、外に付いて出てきたりきとりん
たった五分位であまりの暑さにげんなり(笑)

          「もうちょっとで溶けるとこやった・・・」
e0198839_16303617.jpg

e0198839_16305765.jpg


だから「おうちで待ってて」って言ったのに・・・
[PR]
トラックバックURL : http://charinmaru.exblog.jp/tb/22303627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by サコリン at 2014-08-20 10:08 x
こんにちわ~ちゃりん丸さん♪
雨続きだったお盆も終わり、灼熱の暑さが戻ってきたけど
そろそろ夏も終わりかな~って気配を感じます。
福知山は主人の母の実家があり、親戚もたくさん居てるねん。
おかげさまで、何とか無事みたいやけどまだまだ油断できない状態みたいです。
とにかくこの夏は雨が多かったわ。職場の料亭も六甲山の中腹にあるにも関わらず、山からの水が大量に流れ込み滝のような水が
料亭の玄関まで押し寄せました。庭の川に放流していた鮎はすべて行方不明。とんだ夏やったね。
お盆に限らず、亡くなった子はいつもそばにいてるような気配・・・
判るわぁ~空気というか風というか、絶対今近くにいてる!って
判るよね。うちも今年は特別なお迎えはしなかったけど
毎日、なんとなくそばに居てくれてるような気がして、それだけで安心してます。
Commented by charinmaru at 2014-08-20 12:21
サコリンさま★
ご親戚の皆さんご無事で良かったわ~!
でも街が普段どおりに機能するまで、まだまだ時間がかかるね
今日にいたっても、まだ桂川は泥水の色をしてるよ
ゆうべは広島が大惨事で、年々自然の脅威をつくづく感じるようになってきました
自然に対する人間の大きなツケを、今払わされているのかな・・・

サコリンさんちも山の上だよね
うちも山の上で、奥にはさらに大きな山がそびえてる
あれが崩れてきたら、って思うと身震いがするわ
料亭の鮎はどこまで流されていったんやろね
後の掃除が大変やったやろな、って想像してます

今は姿こそ見えない彼らだけど、いつもそばに存在を感じるね
思いというか念というか、そういうものっていつまでも消えないんだなあってしみじみ感じてしまいます
Commented by 近江 at 2014-08-21 00:47 x
福知山の記憶がありありと残ってるというのに、昨夜は広島が%
今年のお天気はほんまにおかしいよね!?

我が家も先代わんこがふらっと帰ってきてるといいなぁ~v
きっと、小雪とにゃんこ見て「僕の弟妹、可愛いなぁv」ってえへえへ笑っていそうやわ。

りき君、涼しくなるまで太陽には要注意やで?
Commented by charinmaru at 2014-08-21 12:18
近江さま★
来年はもっとひどい気象になるのか、って思うと怖いわ
桂川はまだ泥水だけど水かさはかなり引いてきたよ
でもやっぱり中州が消えてたり、形が変わったりしてる
広島も福知山も、国は被災者の人たちに全力でケアしてあげて欲しいね

お兄ちゃん、きっと小雪ちゃんとにゃんこちゃんに会いに来てたよ♪
わんこ達やにゃんこちゃんには、見えてるんじゃないかなあ・・・

続く暑さに嫌気が差したのか、りきはここんとこ散歩中の座り込みが多くなってきた(笑)
ひとりUターンして帰ろうとしたり・・・
人間でもうんざりするほどだから、仕方ないかあ~
Commented by りん at 2014-08-22 14:13 x
先程はコメントありがとうございました!まだ訪れたことのない京都の方と繋がってる~温かい気持ちになりました。
仮設の橋のお話は、ボタンちゃんのお宅のお話でした。ごめんなさい!

先代ワンコちゃんのお盆帰りのお話、わかります☆

私は季節外れのトンボや蝶々が庭に来たら『あ~、帰って来たな♪』と思います。
Commented by charinmaru at 2014-08-22 23:42
りんさま★
無事で本当に良かったわ!
H父の学生時代の後輩が福岡に住んでて、やっぱり安全な地域だったみたいで無事でした
夫婦そろってホっとしたわ
ぼたんのところは親戚みたいなもの(笑)
気にかけてもらってありがとう♪

私も蝶々には「ゆっくり遊んでいって」と声をかけてしまいます
以前にTVで美輪明宏さんが、蝶々には亡くなった者の魂が乗って飛んでくる事が多いって話しておられましたよ
Commented by 8988 at 2014-08-26 23:50 x
あ~ぁ、ぼくちん可愛いわぁ~。
みんな可愛いい子で、いいお子さんです。
ホント良いお子さんです。
Commented by charinmaru at 2014-08-27 10:21
8988さま★
ご無沙汰しております(白ちゃんの様子はブログにしょっちゅう見にいってますが)
ぼくちん暑さにはめっぽう弱くて、お散歩中にかまっていただいても放心状態でぼ~っとしている有り様
今もオープンなトイレでひんやりした便器に抱き付いて寝ておりますよ(笑)
白ちゃんの方がずっと若く見えるわ
早く涼しくなってほしいですね

by charinmaru | 2014-08-19 16:32 | Trackback | Comments(8)

秋田犬&ゴールデンレトリバーと暮らす四季折々


by charinmaru