追悼 大五郎くん

一月十六日 
大好きだった秋田犬の大五郎くんがお空へ旅立ちました

大ちゃんと実際に会ったのはちょうど二年前の一月
サコリンさんのブログでいつも見ていたまんまの優しいお顔、穏やかな雰囲気にたちまち魅了されました

当時私は先代リキを失くした悲しみも癒えないまま、広い世界で迷子になったような気持ちで日々を過ごしていました
いつしかリキと同じ誕生日で、同じ血統が流れている大ちゃんに、亡きリキの面影を重ねるようになったのです
お散歩したり食事したり、大ちゃんの色んな姿に、リキが元気で年を重ねていたならこんな風だったろうか・・
そんな事を思いながらサコリンさんのブログを見ている時は、自然に笑みがこぼれている自分に気付きました

昨日サコリンさんから大ちゃんの訃報をお聞きして、身体から力が抜けていく思いでした
一日大ちゃんのことを思いました

二年前のあの日
ドッグカフェでおしゃべりに夢中になっていてふと大ちゃんを見ると、大ちゃんはじっとサコリンさんの顔を見つめていた・・・
e0198839_11533837.jpg

大ちゃんはお母さんが本当に大好きなんだなあ、と思ったものです

昨年の六月に長男の金太郎くんを亡くされ、今また大ちゃんを見送られたサコリンさんの悲しみを思うと、お掛けする言葉も見当たりません
でもひとつ確信をもって言える事があります
サコリンさんは大ちゃんが闘病生活に入ってから、「一緒にお正月を迎えたい」という思いでおられました
同じ年に金ちゃんと大ちゃんを共に見送るなんて辛すぎる・・と
大ちゃんはお母さんのそんな思いをちゃんと受け止めたのです

お母さんの心づくしの手料理を懸命に食べ、よろめきながらも最後まで自分でトイレに立ったと聞きました
そしてお母さんの願いを叶え、松が明けた十六日に旅立っていった大ちゃん
すごい子だと思います
あっぱれだよ 大ちゃん!

今ごろ金ちゃんと再会して仲良く寄りそっているでしょうか
大ちゃんからもらったたくさんの癒しをずっと忘れません
ありがとう 大ちゃん

心よりご冥福をお祈りいたします
[PR]
トラックバックURL : http://charinmaru.exblog.jp/tb/19573858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by サコリン at 2013-01-19 18:09 x
ちゃりん丸さん、ありがとう。
まだ家の中に大五郎が居ない現実を受け入れられず、心が落ち着きません。
悲しいのか、淋しいのかも分からなくて
ただ一日をお骨の前で過ごしてます。
お空では、金太郎もリキ君もリンちゃんも居るから
大五郎の事は心配してませんが、私達夫婦が我が事ながら
大丈夫かな?って思ってます。
心が落ち着いたら、いつか我が子の話をお互いしみじみしたいね。
ありがとうございました。
Commented by ももママ at 2013-01-19 22:11 x
大ちゃんの事、私も悲しくて寂しくて・・・
金ちゃんを失った悲しみも癒えないうちに大くんを見送ることになったサコさんの
気持ちを考えると私まで胸が苦しくなります。
でも ちゃりん丸さんのおっしゃるようにきっと大くんは松が明けるまでとの思いで
頑張ったんですよね。
そして後輩犬の福ちゃんにお母さんたちの事を託して金ちゃんの元に旅立ったのでしょう。。
犬を飼った時から覚悟はできているとはいえ辛いことです。

でも私はちゃりん丸さんがとても羨ましい。。
生大ちゃんと会った事があるんだもの。。私も会って触れてみたかった。  
Commented by 近江 at 2013-01-20 01:33 x
いつか先立つ、と覚悟してても辛いですよね(TT)
こればっかりはもうどうしようもなく・・・
でも、大ちゃん。
にぱーっと笑顔で頑張ってくれましたよね。

我が家は去年の帰省で大ちゃんに会うチャンスがあったのですが、叶わず。
この3月にまた小雪連れて帰るから!って言ってたんですよね・・・
あの「にぱー」って笑顔、生で見たかったなー。
今頃はあっちにいる仲間と会って、大騒ぎになってるかしらね?
Commented by charinmaru at 2013-01-21 14:11
サコリンさま★
お辛い気持ちの時にコメント書いてくださってありがとう
大ちゃんの姿が見えないことに、何か不思議な思いでいらっしゃると思います
頭でわかっていても、感情はなかなか納得しない
私未だにそうやもの・・・
いつか金ちゃんのこと、大ちゃんのこと、いっぱい聞かせて欲しいです
今は福ちゃんの温もりがサコリンさんの癒しとなっている事をお祈りしています
時間に身を委ねてごゆっくり過ごしてくださいね
Commented by charinmaru at 2013-01-21 14:24
ももママさま★
ほんと、覚悟はしていると言っても、それで悲しみが薄れることはありませんよね
私ずっと思っていたことがあるんですよ
彼らが旅立つ時って、ちゃんとその日にち、時間を選んでるんじゃないか、って・・・
そしてあとに残る子に色んな思いを託して旅立つんだなって・・
これからは福ちゃんがずっとそばにいて、サコリンさんを支えていってほしいですね
Commented by charinmaru at 2013-01-21 14:37
近江さま★
人間の方が寿命が長いんだからしかたないとはいえ辛いですね
私もあと何回こんな思いを・・・って考えると恐怖さえ感じます

大ちゃんと小雪ちゃん、会えなかったんやね
私も大ちゃんとりきのご対面を果たしたかったなあ・・・
お空の上で大ちゃんと先代たちが仲良くしててくれたらいいね!
by charinmaru | 2013-01-18 12:14 | Trackback | Comments(6)

秋田犬&ゴールデンレトリバーと暮らす四季折々


by charinmaru